ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スコット・イーストウッド、SF映画『Ecstasia(原題)』に出演交渉中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

俳優で映画監督のクリント・イーストウッドの息子であるスコット・イーストウッドが、ウェイン・クラマーが手掛けるSF映画『Ecstasia(原題)』へ出演する初期交渉中だ。

クラマーは、もはや愛が存在しない世界に住むカップルを中心にした自身の脚本をもとに監督を務める。マチルダ・ルッツも出演する同作は、彼らの愛が終わりを迎える前に共に過ごす最後の日々を追う。

同作は、2017年に南アフリカで撮影開始予定で、9月に開催されるトロント国際映画祭でバイヤーに紹介される予定だ。イーストウッドの代理人契約を結んでいるUTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)が米国内の権利を担当し、レッド・シーが米国外での全世界での権利のセールスを担う。

同作は、センティエント・エンターテイメントのルネー・タブとクリストファー・タフィンがプロデュースを手掛ける。タフィンは最近、イーストウッドと強盗スリル映画『Overdrive(原題)』で仕事を共にした。マシュー・E・ショーズとイーストウッドもプロデュースを手掛ける。インジーニアス、フィルム・アフリカ、レッド・シーが出資する。

イーストウッドは、映画『スーサイド・スクワッド』に出演し、次回作としてオリヴァー・ストーン監督の映画『Snowden(原題)』、ベン・アフレックが監督・脚本・出演する映画『Live by Night(原題)』に出演し、また、米ユニバーサル・ピクチャーズによる映画『ワイルド・スピード』シリーズ第8弾では、同シリーズの新たな役として出演する。

ルッツは、10月28日に米劇場公開する米パラマウント・ピクチャーズによる映画『Rings(原題)』に出演している。クラマーは、映画『The Cooler(原題)』の監督を務めた。

イーストウッドは、リック・ジェナウ弁護士を代理人としている。ルッツは、TTエージェンシー、シルバー・ライニング・マネジメント、カール・オースティン弁護士を代理人としている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP