ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

少しでも食事を楽しんで欲しい。重度のアレルギーを持つ娘のため、パパが始めた「食パンアート」がステキすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食物アレルギーのため、毎朝マーガリンを塗ったトーストしか口にできない娘のために、パパがとった行動がステキすぎる!とイギリスで話題の家族を紹介します。たった2枚の食パンが、家族団らんのツールに変身。パパの本気度合いが、スゴかった!

食べることの楽しみを
食パンアートで感じて欲しい

イギリス人Adam Perryさんには、13歳と9歳になる娘がいます。次女(写真中央)は重度の食物アレルギーがあり、食べられるものが限られてしまうそう。朝食はAdamさんの担当。けれど、マーガリン(ひまわり油)を塗っただけの味気ないトースト。

これでは、朝から元気になれという方が難しい。気の毒な次女のため、「せめて食べることの楽しみを感じて欲しい」とAdamさんはある決意をしました。

「僕がこのパンアートを作ることで、二人の娘が少しでも朝から笑顔になれたり、会話が弾んでくれたらって思ったんです」

こうして、単調なメニューながら2枚の食パンとひまわり油だけを使った「食パンアート」が始まったのです。

トースト2枚とマーガリンが
無限の可能性を見せる

記念すべき最初の作品は丸と三角にスライスしたトーストをストローでつなぎ合わせただけのもの。この形、何だかわかります?ロンドンにある観覧車「ロンドン・アイ」、だそうです。

こんな感じに毎朝、来る日も来る日も愛娘たちのためにデザイントーストを作り続けたAdamさん。最初こそイメージを形にする難しさに苦労していたそうですが、100日以上続けていくうちに……、


どうです?これ、すべて食パン2枚だけですよ。すごい!今やデザインも増え、世界の名所旧跡から、楽器、家具と、どんなものでも形になってしまうそう。アイデアはトースターにパンをセットし、焼きあがるまでの間に決めることが多いと、Adamさん。でも、ちょっぴり時間オーバーしてしまう大作になることもしばしばだとか。








ちなみに、Adamさんの本業はプロのドラマー。細かなディテールへのこだわりがありそうですね。




誕生日の朝は、トーストをケーキに見立てて。


パンの耳もアイデア次第でこんな感じに。



モチーフは時事ネタになることもあるようで、EU離脱の成り行きや、ウサイン・ボルトの金メダル獲得なども。

パパの努力が
家族みんなを笑顔に変えた

「ACB News」の取材にAdamさんが答えます。アイデアが尽きそうな時は、妻や二人の子どもが何を作るか考えてくれるそう。そうやって、家族みんなでアイデアを出しながら、パパの毎朝の食パンアートを楽しみにする。

忙しい朝の時間、それでもPerry家にとっての大切な日課。食べられるものは限られていても、「今日何作ろうか?」そんな会話が、きっとあるに違いありません。

ちなみに、Adamさんの当面の目標は、1年分365日の食パンアートを制作し、1冊の本にまとめることなんだそう。がんばって、パパ!

Reference:ABC News
Licensed material used with permission by Adam Perry

関連記事リンク(外部サイト)

余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
やっぱり「家族」って最高。世界で話題になったストーリー【まとめ6選】

弟と4年、母親とは10年ぶりの再会。連続サプライズに「ママ、ママ、ママ〜!(号泣)」。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP