体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TS女子ガジェ部発足! auのオンラインショップで、”ホントに使えるガジェット”を女子目線で語り倒してみた

articleTalkThumbs[‘N’] = ‘img04.png’;
articleTalkThumbs[‘T’] = ‘img05.png’;
articleTalkThumbs[‘I’] = ‘img06.png’;
articleTalkThumbs[‘B’] = ‘img07.png’;

T&S編集部だって女子会くらいします。女子ですからね。

ただ、一般の女子会と異なるのは、アイスコーヒー片手におしゃべりをするテーブルの上に”ガジェット”の山があること。そう、ここは「T&S女子ガジェット部」の女子会会場。色恋の話は残念ながら出てきません。出てくるのは、「女子目線でホントに”使える”ガジェットは?」について。

第1回のお題は「au +1 collection」の商品。TS女子ガジェ部が実際に使用したなかから、”ガチで使える”ガジェットの推しトーク、始まります!

左からメンバーの中村、田代、西田。それぞれの推しガジェットを2つずつプレゼン&レコメンドします

広報中村の推しは、「かわいくて使える」ガジェット

【女子ガジェ部員 中村 玲子】

今年4月にKDDI広報部に配属されたばかりの新米PR担当。女子のあいだで話題のものが気になる”ミーハー気質”(本人談)。最新のガジェットにもアンテナを張っている。

●「IPHORIA」iPhone 6s用ケースシリーズ

ドイツ・ベルリンのデザイナー・Milena Jaeckelが立ち上げたiPhoneケースブランド「IPHORIA」のケース。iPhone 6s、iPhone 6専用で、価格は6,998円(税込)

N「推しポイントは、とにかく見た目のかわいさ! 女子の”好き”が詰まった香水の瓶をモチーフにするなんて、女子心をよくわかってますよね。ショップに置いてあったら、まず手に取って見ちゃうっていう。
日本だけじゃなくて、フランスや韓国、アメリカでも大人気で、セレブとかファッショニスタがインスタに上げたりして、すごい話題になってるみたい。」

T「たしかにかわいい! このクマちゃんとか、大きい耳がはみ出しちゃってるし。はみ出るかわいさとか(笑)。耳部分、割れないのかな?」

N「触ってみるとわかるけど、クマちゃんの耳も弾力性があって、多少ぶつけてもパリンって割れないようになってます。IPHORIAはデザインがかわいいだけじゃなくて、そういったところの作りがしっかりしてるところが人気なんだと思う。カラーリングもキレイだし、絶妙に女子に響く!」

I「IPHORIAのケースは、au +1 collectionでもすごく人気なんです。ちなみにDaisy柄のネイビーのネイルポリッシュデザインと、香水ボトルデザインはau +1 collectionのリミテッドモデルですよ!」

T「私もこれにしたらモテるかな・・・・・・(ボロボロのケースを取り出して)」

N「男子ウケはともかく、女子ウケは間違いなくイイと思う!」

●マルチポーチ

スマホなどを入れて肩にかけ持ち歩くことができるマルチポーチ。ピンクとベージュの2色展開で、価格は2,700円(税込)
1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。