ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年Q2の世界スマートフォン販売シェアでOPPOが大躍進、4位にランクイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 ガートナーは 8 月 19 日(現地時間)、2016 年 Q2(4 ~ 6 月)の世界におけるスマートフォンの販売台数に関する調査結果を公開しました。同社によるとこの期間の総販売台数は 3 億 4,400 万台。前の年の同じ期間から 4% ほど増加しました。メーカー別販売台数シェアを見ていくと、上位の 5 社は順に Samsung、Apple、Huawei、OPPO、Xiaomi という結果でした。Apple については、新型 iPhone の発売前だということもあり、出荷台数とシェアはそれぞれ下がっています。例年通りです。Apple を除く 4 社はいずれも前の年の同じ期間から販売台数を増やしているのですが、この中でも中国メーカーの OPPO の大躍進が注目されます。OPPO は今回初めて 4 位にランクインしたのですが、販売台数は 800 万台から 1,840 万台へと大幅に増え、市場シェアでは 2.4% から 5.4% に倍増しています。Source : ガートナー

■関連記事
Twitterが通知のフィルタリング機能を提供開始
「Moto Z Play」の壁紙とやらが早くも出回る
ZTE、8月31日にIFA 2016のプレスカンファレンスを開催、Nubiaの新機種を発表へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP