ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暑い夏は“水風呂”で乗り切る! 驚きの美容効果とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あー、もうっ! 暑くてやってられない! そんな時は“水風呂”はいかが? 夏でも熱いお湯に浸かるのは体のためにはいいのですが、気分的にはちょっとしんどい。そんなアナタには水風呂がおススメです。ひんやりして気持ちいいだけでなく、驚くほどの美容効果もあるんですよ。

正しい“水風呂”の入れ方・入り方

水風呂に入れる水の適切な温度は15℃~25℃位。水風呂だからといって、キンキンに冷やした水に浸かるわけではありません。水道水をそのまま湯船に溜めたくらいの温度が適当です。このくらいの温度でも、いきなり入れば冷たく感じます。そのまま飛び込むのではなく、まずは水を足先や足首など体に遠いところにかけ、徐々に脚、腕、お腹というように、体の中心に近づけ慣らしていきましょう。次に足先から少しずつ水風呂に浸かります。長時間入っていると、体が冷えてしまい逆効果。入る時間は5~10分程度にしておきましょう。

“水風呂”の驚くべき美容効果をご紹介!

水風呂は、健康効果だけでなく美容効果も高いんです。ここでは水風呂のいろいろな効果をご紹介します。

1.張りのあるプリプリお肌を作る

水に触れることでお肌や汗腺が刺激され、キュッと引き締まったお肌になれます。皮膚に近い末梢血管が収縮することで、血行が促進されます。血液の流れが良くなれば、ほんのりピンク色のお肌になれるだけでなく、皮膚のターンオーバーが促進され若々しいお肌を保つことができるのです。

2.脂肪を燃焼するダイエット効果もある

水風呂に入ると体温がグッと下がります。体は体温を一定に維持しようとするため、脂肪を燃焼させます。夏は気温が高いため冬よりも基礎代謝は落ちますが、水風呂に入ることによって代謝を高めるダイエット効果があります。

3.免疫力をアップする健康効果も!

血管が収縮することで、血管を強化することができます。体温を上げるために、脂肪を燃焼させるだけでなく内臓全体の動きが活発になります。夏は、体全体がお疲れモードですが、そんな体にカツを入れて、内臓から元気にするのが水風呂です。体が活発になると免疫力が上がって風邪絵を引きにくくなるなどのメリットがあります。

水風呂は気持ちいいだけでなく、いろいろなメリットがあります。朝に入れば、交感神経を刺激して、
日を活発に過ごすことができます。もちろん昼間や夜でもOK。暑さが我慢できないときは水風呂で量を取ってみてくださいね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP