ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベン・ウィショー、映画『メリー・ポピンズ』の続編に出演交渉中

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米ウォルト・ディズニーによる映画『メリー・ポピンズ』の続編で、エミリー・ブラントとリン・マニュエル・ミランダが出演する映画『Mary Poppins Returns(原題)』に、ベン・ウィショーが出演交渉中だ。

同作は、ロブ・マーシャルが監督し、1964年に公開されたオリジナル版映画『メリー・ポピンズ』から25年後の世界が舞台となる。もしウィショーの出演が決まれば、ウィショーは成長したマイケル・バンクスを演じることになる予定だ。

7月に本紙ヴァラエティは、メリル・ストリープが同作に出演交渉中であることを最初に報じた。

デヴィッド・マギーが、パメラ・L・トラバース原作の小説『メアリー・ポピンズ』シリーズをもとに脚本を執筆し、マーク・シャイマンが新たに映画音楽を作曲し、エミー賞にノミネートされトニー賞を受賞したスコット・ウィットマンと共にオリジナル楽曲を制作している。

ブラントはメリー・ポピンズ役を演じ、マニュエル・ミランダは路上の街頭を点灯する“ランプライター”のジャックを演じる。舞台となるのは大恐慌時代のロンドンで、大人になり私的な喪失感を抱えたジェーンとマイケル・バンクスの元に、謎めいたメリー・ポピンズが再びやってくるというストーリーだ。

マーシャル、ジョン・デルーカ、マーク・E・プラットが同作のプロデュースを手掛け、2017年上旬にロンドンで撮影が始まる予定だ。『Mary Poppy Returns(原題)』は、2018年12月25日に米劇場公開となる。

ウィショーは、ジェームズ・ボンドでお馴染みの映画『007 スカイフォール』、映画『007 スペクター』のQ役で最もその名を知られている。またウィショーは、映画『ロブスター』、映画『リリーのすべて』にも出演しており、映画『パディントン』では主役である熊のパディントンの声を演じた。

ウィショーは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、ペイコフ/マハン法律事務所、英ハミルトン・ホーデルと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP