ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本一好かれているジジイ調査 3、4位はONコンビ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本一「好かれているジジイ」、そして「嫌われているジジイ」は一体誰なのか──そんな興味から、本誌は「20代」から「60代以上」の5つの年代で男女各200人ずつ、合計2000人に、「65歳以上」の著名人で「好きな人」と「嫌いな人」の名前と、その理由を聞いた。

 調査の結果、栄えある「好きなジジイ」の1位に輝いたのはビートたけし(69)。男女ともに最高得票で、世代を問わず幅広い支持を集めた。芸人、映画監督、俳優、アーティストなどマルチな才能はもちろん、その人情味あふれる人柄が多くの人に受け入れられている。

「偉ぶらないし、誰にも媚びない。裏表がなく、1本スジが通っている」(男性・41歳・サービス業)

「照れながら“バカヤロー”って言う、あの感じが最高にカワイイです」(女性・21歳・大学生)

 2位はたけしとともに「お笑いBIG3」の1人として芸能界に君臨するタモリ(70)。20代、30代女性で1位と、若い女性からの人気が高い。

「立場のある人で博識なのに、上から目線じゃない。『ブラタモリ』でも『Mステ』でも、若い女子アナに対する態度が優しい。私も一緒に街を歩いてみたい」(女性・35歳・事務)

 若者に対しても決して高圧的に接することがない「ふわふわした空気感」が人気の理由のようだ。

 3、4位には長嶋茂雄(80)、王貞治(76)の「ONコンビ」が堂々のランクイン。栄光の巨人軍を支えた説明不要のレジェンドは、彼らの活躍を見続けた中高年から絶大な支持を受ける。

「子供の頃から憧れの存在。脳塞で倒れた後も、キャンプに積極的に足を運んで若い選手に指導する。いくつになっても野球が好きなんだなと、その姿に感動する」(男性・53歳・自営業)

「王さんの魅力は、いつまでも紳士的なところ。身だしなみもきちんとしていて、言葉遣いも丁寧で。ウチの旦那もああだったらいいのに」(女性・61歳・主婦)

 5位の高田純次(69)、6位の加山雄三(79)にはテレビ朝日系の「○○散歩」シリーズに出演していた共通点があるが、好かれる理由は真逆だ。芸能評論家の城下尊之氏が考察する。

「高田さんは適当な軽さで、一緒にいて楽しい身近な存在。一方、加山さんは“永遠の若大将”で、50代以上の女性にとってはいまもアイドル。散歩番組での街の人との接し方も、『大名行列』然としていたが、むしろその変わらない“スター感”が良い」

 加山は60代以上の男女でともに2位。今でもシニア男性の憧れなのだ。

 意外にも(失礼!)女性からの支持を集めたのが、7位の西田敏行(68)だ。西田は男性票の2倍以上を女性から獲得している。要因は「包容力」にある。

「決して二枚目ではないけれど、芝居が上手いのと、お茶目で可愛い。映画『人生の約束』で演じた街のみんなを温かく見守る床屋のお父さん役にほっこりした」(36歳・女性・パート)

 女性は西田に「理想の父親」を求めているのだ。10位の舘ひろし(66)が20代女性から多くの票を集めたことは意外だった。

「新垣結衣ちゃんのパパ役で出ていたドラマでの姿がチャーミングだった。あんなお父さんが欲しい」(女性・28歳・薬剤師)

※週刊ポスト2016年9月2日号

【関連記事】
新型うつで休職男 昼間からゲームばかりして伯父から怒られる
「新型うつ」で休職中に「ハワイでゴルフ」がバレて上司激怒
新型うつで休職男 楽しそうな旅行写真ブログに公開し上司激怒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP