体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「若いときの自分に伝えたい」後悔のない人生に必要な13のこと

「若いときの自分に伝えたい」後悔のない人生に必要な13のこと

「人生は、選択の連続である」とは、シェイクスピアの言葉。

ときに人は間違った選択をして、後悔することもあります。でも年齢を重ね、半生を振り返ったときに後悔ばかりでは悲しすぎますよね。では、どうしたらいいのか?「Elite Daily」のライターLena Oh氏による、多くのヒントが詰まった記事を紹介しましょう。

01.
出会いや別れに
いちいち悲しまないこと

「若いときの自分に伝えたい」後悔のない人生に必要な13のこと

アルバムをめくると思い出す、昔の同僚や友だち、クラスメイト。なかには離れてせいせいした人もいれば、「今頃どうしているかな?」「またあの時のような時間を過ごせたらいいのに」と思う人も。思い出は、人を悲しい気持ちにも嬉しい気持ちにもさせてくれます。

人との出会いや別れは、人生において必然のこと。縁があればまた再会できるはず。別れのたびに悲しんでばかりはいられません。

02.
元カレ・元カノは
忘れること

「この人が運命の人だ」と思っても、別れを迎えてしまうことはよくある話。つらい経験だけど、そこから自分が相手に何を求めるのか、学ぶこともできます。

別れようとする相手を、決して追いかけてはいけません。妥協したりされたりの関係になってもいけません。あなたは相手の「残念賞」ではないんですから。

03.
親孝行をすること

「若いときの自分に伝えたい」後悔のない人生に必要な13のこと

親のことを口うるさいと邪険に扱ったりしていませんか?「勉強しなさい」「いつまでもゴロゴロしない」と口を出してくるのは、あなたに立派な大人になってほしいから。両親は世界一の「味方」なのです。

孝行したい時分に親はなし、という言葉もあります。さっそく明日から実践してみては?

04.
裏切られても人に優しく

たとえ誰かに傷つけられたとしても、その人の幸せを願うことができたら、それはあなたが大人になった証拠。まわりの人を無条件に愛せますように。

05.
ときにはプライドを捨てる

プライドを守るために立ち向かうこともいいですが、プライドが高すぎるのは考えものです。ときには、自分が悪くないのに謝罪が必要なことも…。それにより、自分のプライドやエゴよりも相手との関係性を大事にしている、と伝えられるのです。

06.
先延ばしにしない

「若いときの自分に伝えたい」後悔のない人生に必要な13のこと

今できることを明日に伸ばしたり、今日読み終わりたかった本を読まなかったり、小さなことをぐずぐずと先延ばしにしていませんか?

毎朝少しだけ早く起きれば有意義な時間も増え、渋滞にも巻きこまれません。限りある貴重な時間をムダにしないようにしましょう。

07.
悪い仲間とは距離を置く

たとえあなたが自立しているとしても、周囲からの影響は、時にあなたの感覚を鈍くさせます。朱に交われば赤くなる、とも言われますが、自分にいい影響を与えてくれる仲間を見つけましょう。

08.
自分が嬉しいことを
周りにもしてあげる

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。