ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたの肩こりはどこから?原因に狙いを決めた肩こり解消法!

  • ガジェット通信を≫


一口に肩こりといっても、その原因は目の疲れであったり、睡眠不足であったりさまざまです。

その原因に合わせた肩こり改善方法がそれぞれ必要となるので、日頃から意識しないといけませんね。

そこで今回は「発生原因別の肩こり解消法」を医師に解説していただきました。意外な原因から肩こりがきているかもしれません。

目からくる肩こり

原因

パソコンの画面を見る機会が多かったり、細かい書類を読んだり作成することが多い方などによく見られます。また、眼鏡やコンタクトレンズなどがあっていない場合にも出ることが多いですね。

眼精疲労と肩こりは、いずれもその部分の筋肉に負担がかかっていること、それからその部分の血の流れが滞っていることから起こると考えられていて、密接な関連があると考えられます。                       

解消法

まず、目を使う作業を連続して行わず、必ず一時間に一回以上は休みをるようにすること。

このときにツボを押したり、遠くを見たり目を閉じたりして目を休ませるようにするとよいでしょう。

また、パソコンは目より低い位置に置くようにするのも大切なことです。

首からくる肩こり

原因

首は大人で5kg前後もあるといわれる頭部をずっとサポートしているので、ただでさえ負担がかかっているうえ、下を向いたり猫背気味であったりするとさらに下向きの力がかかり、首が原因の肩こりや首のコリが起こりやすくなります。

解消法

姿勢をよくするように心がけたり、手の親指と人差し指の骨が分かれる部分近くにある「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボを指圧することなども効果があるといわれていますね。

腕からくる肩こり

原因

パソコンのキーを打ち続けたり、書き物を続けたり、重い荷物を運んだり、あるいはみじん切りなどの料理、掃除機をかけたりといった日常の動作でも腕は頻繁に使用するので疲労から肩こりを生じることがあります。

また、反対に腕をほとんど使わない生活も、コリを生じさせることがありますね。

解消法

痛む部分を優しくさすったり、入浴によって血流を促すのも効果があります。軽くストレッチなどを行うのもよいでしょう。

筋肉痛からくる肩こり

原因

上半身を使うスポーツや、重いものを運ぶ作業などを行うと、肩の筋肉に力が入りこれがコリの原因となることがあります。こちらは皆さんも経験されたことがあるのではないでしょうか。

 

解消法

筋肉痛からくる肩こりが出ているときは、やはりその部分をできるだけリラックスさせ血流を改善させることが重要なポイントになってきます。

シャワーではなくゆっくり入浴したり、ストレッチを行うことが効果的です。あまりにも痛みが強い場合は、湿布薬などを用いる場合もあります。

睡眠不足からくる肩こり

原因

人間が夜間繰り返しているレム睡眠(浅い睡眠)とノンレム睡眠(深い睡眠)のうち、レム睡眠の頻度が多かったり時間が長かったりすると、十分に寝ている間も体が力を抜いてリラックスすることが出来ず、肩が凝ってしまうことがあります。

つまり不眠症気味なかた、なんだか最近眠りが浅いなと感じておられる方などは、やはり肩こりを発症する確率が高くなります。

 

解消法

睡眠不足による肩こりの解消法としてはやはり、睡眠の質を上げるということが挙げられるでしょう。寝る前にストレッチをしたり、寝室をより眠りやすくする余地があれば改善したり(暗さや寝具、枕の高さなど)することも有効です。

寝る少し前にぬるめのお風呂にゆっくりつかるというのもよい方法といわれています。

寝違えからくる肩こり

原因

睡眠中に首に負担のかかる姿勢で寝たことなどによって、その部分に炎症が起こることことが、寝違えです。痛みがあるその部分をかばうようにすることから肩こりを生じることがあります。

解消法

寝違えが原因の場合は、無理に動かすことはよくありません。基本的に自然に治るのを待つことになりますが、痛みが強ければ湿布などを用いてもよいでしょう。

医師からのアドバイス

肩こりは悩まされている方が本当に多く、つらいもの。原因別のケアで、少しでも軽くしたいものです。

発生源別でこまめにケアを行えば、症状は改善していくので、日頃からこまめに意識するようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

肩こりは万病のもと!肩こりがひどいと起きる危険とは!?
枕を高くしちゃ眠れない!? 合わない枕は肩こりを引き起こす!
「病は気から」は要注意!1日の疲れ、その日のうちにとれていますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP