ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伝統工芸を盛り上げたい!12歳の女性が生み出した伝統工芸・久留米絣の魅力を引き出すプロジェクトがスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の伝統工芸に関連した新たなクラウドファンディング・プロジェクトが立ち上がりました。日本の伝統工芸に関するプロジェクトは以前Japaaanでも紹介した會津木綿スニーカーのプロジェクトが大人気でしたね。

これは大アリでしょ!会津木綿を大胆にスニーカー素材に使った「会津コットンスニーカー」がステキ


「会津木綿」は福島県に伝わる伝統工芸。縞柄が特徴の会津木綿はその堅牢な生地質から昔から仕事着としてヘビーな使用にも耐えうる生地として親しまれてきました。そんな会津木綿をスニーカーの素材…

今回紹介するプロジェクトは「アーティスト磯邉美香×久留米絣コレクションプロジェクト」というもので、福岡県久留米市及び周辺地域の伝統的な織物である久留米絣を用いたプロジェクト。

久留米絣はもともと作業着の生地として使用されていたということもあり、ファッション性という観点からはまだまだ新しい試みをする余地がある伝統工芸でもあるでしょう。

本プロジェクトはクリエイティブ・ブランド「Pinkymika(ピンキーミカ)」の磯邉美香さんが立ち上げたプロジェクトで、久留米出身の磯邉さんが地元の伝統工芸である久留米絣の魅力を引き出すモノ作りに挑戦し、久留米絣を盛り上げていきたいという思いで立ち上げられました。

久留米絣の情報を調べてみるとこの久留米絣、井上伝(いのうえでん)という女性が創始者で、なんと12歳の頃に考案されたものなんだそうです。27歳の頃には夫が病死。3人の子供を育て、後に彼女の弟子はなんと1000人を超えるほどにまでなっていたそうです。

本プロジェクトのリターンには久留米絣で作られたハンカチや日傘など日常で使えるファッション小物からウェディングドレスまで多岐にわたります。

「アーティスト磯邉美香×久留米絣コレクションプロジェクト」はクラウドファンディングサイト・BOOSTERにて、支援を募集中です。
九州の伝統工芸を世界へ!アーティスト磯邉美香×久留米絣コレクションプロジェクト

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

桜満開の季節にぴったり!29種もの桜を写生した江戸時代の絵師 坂本浩然による「桜花譜」
一歩先のステキな遊び心!メンズ着物「Y.&SONS」が2016年浴衣&夏着物を発表
コレクター魂を揺さぶる!450点以上の根付や印籠が集結する「細密工芸の華 根付と提げ物」が開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。