ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人生は短い。何度もリップを塗り直す時間はない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「人生は短い。だからリップスティックを何度も塗りなおす時間はない」

そんな想いから、とことん色もちの良さを追及したニュージーランド発のリップスティックブランドが、日本に上陸(※)します。

ブランド名は創設者と同じ名前で、「Karen Murrell(カレン・マレル)」。

カレル・マレル リップスティック 全20色 
各2,400円(税抜)

「唇に触れるものには何ひとつ不快なものを使いたくない」

と語るカレン。

そのため、リップスティックに使われているのは、健康や環境にいい天然成分のみ。パッケージもリサイクルペーパーやソイインクで作っているという徹底ぶりです。

配合されているカルナバワックスとエモリエント成分で、暑い日でも崩れず、きれいに発色し続ける色もちの良さを叶えてくれます。

唇に塗ると、見たままの色で鮮やかに発色。顔色がパッと明るい印象に変わりました。

色は全部で20色。すべての肌、目の色に合う色を作りたい、との想いから、豊富なバリエーションが展開されています。

それぞれの色の名前は、すべてカレンの好きなものがつけられているのだそう。

なかでも、20本目を記念して作られた「トゥルー ラブ」は、発売してから2回売り切れになった人気アイテム。青みがかったレッドカラーです。

「女性が初めて赤い口紅をつけたときのよろこびを表現しています。フィアンセと旅行に行ったとき、お互いに見つめ合ったときに思いついた名前なの」

なんだか縁起のいいリップの予感。

何よりも女性のため、を考え抜いたカレン・マレルのリップスティックたち。リップを塗り直す時間が減ったら、そのぶん楽しい時間が増えそうです。

※2016年9月4日(日)よりルミネ荻窪店で発売。9月14日(水)より全国で順次展開。

[Karen Murrell]

文/グリッティ編集部

■ あわせて読みたい

約8割が夏のメイク崩れが気になる。アイメイクのにじみ防止策
男子は「でもでも女子」が正直しんどい #男子の本音
チークなし。下地でメリハリ。陰影できる
口紅あと残さない。グラスに口をつける前のリップコート
夏のドロドロ肌。Tゾーンも目元のよれも簡単に直す #メイク直しテク
汗だくの日のメイク直しはベビーパウダーが優秀よ #オネエ調べ
唇はディオールで自分色。ディテールで個性出す

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。