体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「本の新しい価値が必ず生まれる」 ニコニコ静画(電子書籍)発表会見 全文

ニコニコ静画(電子書籍)内で無料で読める『角川ニコニコA(エース)』

 株式会社角川グループホールディングスと株式会社ドワンゴは2011年11月8日、「重大発表」と冠した記者会見を行い、電子書籍サービス「ニコニコ静画(電子書籍)」を発表した。角川グループの電子書籍配信サービス「BOOK☆WALKER」と連携し、ニコニコ動画と同じようにユーザーがコメントを投稿できるのが特徴。また合わせて、無料のWEB漫画誌『角川ニコニコA(エース)』の創刊なども発表された。

 以下、会見の模様(第一部)を全文書き起こして紹介する。

・[ニコニコ生放送]全文書き起こし部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv69352807?po=news&ref=news#0:02

■本の新しい価値が必ず生まれる

司会: お集まりの皆さま、本日はニコニコ本社へお越しいただきまして、誠にありがとうございます。これより株式会社ドワンゴ、株式会社角川グループホールディングスによる新サービスに関する記者発表会を始めさせていただきます。プログラムは2部構成となっており、第1部は新サービスの内容の発表、第2部は両社会長による電子書籍の未来像についてのトークセッションとなっております。それでは最初に、角川コンテンツゲート安本(洋一)取締役より、本記者会見の主旨についてご説明いたします。

角川コンテンツゲートの安本洋一常務取締役

安本洋一(以下、安本): 本日はご多忙のところ、株式会社ドワンゴ、株式会社角川グループホールディングス、新サービスに関する共同記者発表会にお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。今ニコ生(ニコニコ生放送)では重大発表とアナウンスをされておりますけれども、今日こちらで発表させていただく内容は、「ニコニコ静画(電子書籍)」というサービスでございます。

 このサービスは昨年の12月、ニコニコ大会議のところで両社の提携が発表されましたけれども、それが1つの形になったものだと考えております。あれから今日までの間に、環境がやっと整った感もありまして、ついにこのサービスを実現させることが出来るようになりました。詳しい内容に関しましては、後ほど、こちらにいらっしゃる担当者の方々からご説明があるかと思いますけれども、要はニコニコ動画ならではのコメント投稿機能が電子書籍に付くと、そういうようなサービスだと考えていただければと思います。本の上に、コミックの上に文字が流れていく。そういう新サービスですので、本そのものにコメントという新しい価値が付くことで、本の新しい価値が必ず生まれるものだと私は信じております。

 ニコニコ静画(電子書籍)のサービスと連携する「BOOK☆WALKER」は、昨年の12月、こちらのほうもiOS版からスタートいたしました角川グループの電子書籍プラットフォームでございます。現時点では、Android版も今年の4月からスタートして順調に売上も伸ばしておりまして、今App Storeの売上ランキングでも常にかなり上位をキープをしております。アプリのダウンロード数も今30万ダウンロードを超えて、順調に推移しているところでございます。一方のニコニコ動画さん、これはもう言うことはないと思うのですけれども、2300万人を超える会員がいらっしゃいます。そのようなユーザーのコミュニティを形成されるプラットフォームと、今回の事業をご一緒出来て大変うれしく思っております。角川グループは、これまでもニコニコ動画の中において多くのアニメ作品を提供させていただいております。非常にユーザーの評価も高いと聞いておりますので、今回の電子書籍のサービスも面白い連携ができるのではないかと思っております。

 11月8日、実はもう既に本日サービスを開始しております。サービススタート時には、『テルマエ・ロマエ』のようなギャグ漫画であったり、あとは、角川グループお得意のところでもあるんですけれども萌え系のコミックであったり、さらには市場の8割くらいを占めるライトノベルであったり、後ほどご説明があると思うのですけれども、ここでしか見ることが出来ないデジタルコミック誌の創刊であったり、そういうような新しいサービスをどんどん付加していって、ニコ動(ニコニコ動画)のユーザーの方に突っ込みやすいタイトルなので、どんどん突っ込んでいただいて、本自体を盛り上げていただければと思っております。

1 2 3 4 5 6次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。