ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

禅をモチーフにした日本発のVR避けアクションゲーム『ZEN SPLASH VR』配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

原始仏教(初期仏教)をテーマにしたオリジナルアプリを制作するインディーインディーズデベロッパー RhinocerosHorn(ライノセロスホーン)は、Gear VR向けアクションゲーム『ZEN SPLASH VR』の配信を本日8月18日に開始しました。価格は490円です。

『ZEN SPLASH VR』は、スマートフォンアプリ「ZEN SPLASH」(iOS/Android)の続編で、禅をモチーフにしたシンプルな構成の“避けゲームアクション”です。VR空間の奥から出現し向かってくる物体を避けることで、ゲームをプレイしながら禅を行っているような感覚になれるというコンセプトが特徴。全8つのステージがあり、それぞれ仏教の八正道がモチーフとなっています。

これまで、海外のスタジオの制作したコンテンツでは、リラクゼーションやヨガをVRで体験するというものがありましたが、日本でもなじみのある仏教の考え方を取り入れた”ゲーム”は初です。

・ステージ スクリーンショット

Gear VR向けの他にも近日中にOculus Rift版もリリース予定とのこと。また、VR非対応の3D版スマホアプリも配信を予定していることが発表されています。

Gear VRをお持ちの方はこちらから購入、ダウンロードが可能です。
https://www.oculus.com/experiences/gear-vr/933094993466147/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP