体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4人のクリエイターが、死と向きあいながら撮り続けた「2万キロの自転車旅」

『イージーライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『テルマ&ルイーズ』……。ロードムービーが描く、美しい風景と美しいストーリー、その世界観が好きな人も多いはず。

でもここで紹介するのは、そういったフィクションの話ではありません。4人のクリエイター集団「ペダルサウス」が、実際に北米〜南米を縦断した14,000マイル(約2万2,500km)のドキュメンタリー。

作為的に作られた冒険ではなく、本当のアドベンチャーストーリーなのです。

750万円を集めた壮大な
クリエイティブプロジェクト

4人のクリエイターが、死と向きあいながら撮り続けた「2万キロの自転車旅」

Photo by Pedal South(Facebook、Instagram)

プロジェクトの中心になったのはライターのダイアー、27歳。彼が「テキサス4,000マイル」というイベントを、癌研究のチャリティで自転車で走りきり「自転車旅のロードムービーを作りたい!」と思ったことがきっかけでした。

ダイアーは同世代のトーマス[フォトグラファー]とリライ[映像作家]、そして9歳年上のリカルド[映像作家]と出会い、自分たちでアラスカからアルゼンチンまでアメリカ大陸を縦断する旅を計画しました。クラウドファンディングや寄付で集まった資金は、なんと75,000ドル(約750万円)。

4人は、2014年6月12日にアラスカ州アンカレッジを自転車で出発。1年9ヶ月をかけて14ヶ国を旅し、アルゼンチンのウシュアイアまで無事たどり着いたのでした。

つねに「死」と共存した
14,000マイル

4人のクリエイターが、死と向きあいながら撮り続けた「2万キロの自転車旅」

Photo by Pedal South(Facebook、Instagram)

スタートしたアラスカ州の6月は、一年でもっとも日照時間が長く、日没は1日のうち2時間しかありません。道路は砂利と泥。旅自転車として実績のある彼らの「Surly」も太刀打ちができないものでした。進める距離は1日平均50マイル(約80km)ほどのタフな旅。
4人のクリエイターが、死と向きあいながら撮り続けた「2万キロの自転車旅」

Photo by Pedal South(Facebook、Instagram)
4人のクリエイターが、死と向きあいながら撮り続けた「2万キロの自転車旅」

Photo by Pedal South(Facebook、Instagram)

ユーコンでは野生のクマと遭遇したり、ペルーではトーマスがダウンヒルで大クラッシュして入院することになったり。道中はつねに死の危険と共存。強盗に襲われてカメラ機材が奪われてしまった、なんてことも…。

4人のクリエイターが、死と向きあいながら撮り続けた「2万キロの自転車旅」
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会