ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

期間限定公開!!昭和モダン・中原淳一が創刊した伝説の女性誌「それいゆ」の創刊号が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

終戦からちょうど1年後の1946年8月15日、中原淳一が創刊した雑誌「それいゆ」。食べるものにも困窮し、生きていくのが精一杯だった当時、夢を忘れた女性たちに向けて「女性の暮らしを新しく美しくする」という信念のもとで誕生しました。

2016年は暮らしに夢と希望を与えてきた「それいゆ」が創刊してから、70周年の記念イヤー。1年間を通して70個の企画やイベントが実施されています。

モデルは女優の高峰秀子さん。

記念企画の一つとして、創刊してからちょうど70年の2016年8月15日から9月末までの期間限定で「それいゆ」創刊号の一部が公開中です。

真っ赤な表紙が印象的な創刊号は80ページ以上のボリューム。ファッションやヘアメイク、インテリア、手芸、文芸等幅広い構成。目次のタイトルのひとつひとつに、戦後の苦しい日々の生活に、光を投げかけるような夢や希望がちりばめられています。

きものをデザイン。布を大事にしながらもお洒落心は忘れません。

教育者で服飾デザイナーの田中千代さんと中原淳一の共同作業から誕生した「ソレイユ・パタン」。

ソレイユ・パタンはカラーページ。

NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」でも戦後の女性誌作りが描かれていますが、同時期に、中原淳一も女性の夢やあこがれがいっぱい詰まった雑誌を作っていました。今見てもキラキラした感じが色あせない「それいゆ」は、当時の女性たちにとって、どれだけの生きる勇気や夢を与えたことでしょう。

今なお伝説的な雑誌として語られる「それいゆ」の貴重な第1号が見られるまたと無いチャンス。どうぞお見逃しなく!!
「それいゆ」創刊号が期間限定公開
 
中原淳一の雑誌[それいゆ]創刊号・1946年|期間限定公開
中原淳一の雑誌[それいゆ]創刊70周年特設サイト

 

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

昭和のカワイイ!少女イラストの始祖・中原淳一の柄デザインを使った扇子、風呂敷などの夏小物が発売
これは気になる!昭和のKawaii、中原淳一デザインの浴衣が完全復刻で数量限定販売
日本伝統&ハワイの魅力を堪能!文化交流イベント「大江戸 Hawaii Festival 2016」が日本橋で開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP