ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Joy Opposites、1stアルバム「Swim」発売記念公開リハーサルを開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

元FACTメンバーが結成した新バンド・Joy Oppositesが、8月17日千葉・稲毛K’s Dreamにて、公開リハーサルを行った。

8月10日に1stアルバム「Swim」を発売し、8月20日に開催されるSUMMER SONIC 2016 にてライブデビューを飾る。元FACTメンバーのAdam(Vo.)、Tomohiro(Ba.)、Eiji(Gt.)に加え、海外のメジャーシーンで活動するImmy(Gt. & Vo.)の4人が揃い、初めてファンの前に姿を現した。

本イベントは、1stアルバムの発売を記念した購入者を対象したイベントで、CDがチケットとなり、ライブ本番さながらの模様を見ることができる公開リハーサルとなった。

無音状態のライブハウスに観客が集まる中、メンバーは登場した。「今日はリハーサルだし、練習だからね。」という冗談めいたMCではじめ会場の緊張感に包まれた雰囲気を和ませてから公開リハーサルはスタートした。

最初に披露した曲は、アルバムの1曲目に収録された「Candyass」。さきほどのMCで和ませた雰囲気から打って変わってバンドは目つきが変わり真剣モードに。バンドの実力を魅せつけるような演奏を初披露した。会場に集まったファンもJoy Oppositesのバンド演奏をチェックするように見入っていた。

1曲披露した後に、ベースのTomohiroは、「人がいる前で演奏するのは、スタジオでリハーサルするのと違っていい緊張感がある。今日は来てくれてありがとう。」と語った。その後、メンバー同士でモニターのチェックや演奏の確認を行うなど、通常のライブでは見られないリハーサルならではの模様が垣間見えた。

続けて、披露した曲は「Now & Then」。Adamの囁くような優しいボーカルから始まった楽曲はサビで一気に激しさを増す。Eijiは持ち前の大きな動きに加え、繊細なテクニックを披露し、Tomohiroは身体を激しく動かし全身でノリをアピールする。AdamとImmyの外国人ギタリスト同時息の合ったプレイで会場を魅了した。

終始緊張感を味わっている様子のメンバーは、自分達の演奏をチェックしつつ、集まったファンと会話するようにMCを続ける。自身のデビューライブとなるSUMMER SONIC 2016や9月から本格スタートするライブツアーへの意気込みを語った。

リハーサルは続き、シングルにもなった「In My Bones」を披露すると会場の興奮はピークに。演奏を終えた後のEijiは「最初は“リハーサルでしょ?”って思ってたけど、ライブになってきた。気持ちが暖まってきた。早くライブがしたい」と語った。

Tomohiroは会場となった稲毛K’s Dreamについて「昔、K’s Dreamの階段でチラシ配ったり、稲毛にもよく来てた。えっくん(Eiji)がFACTに入る前にやっていたバンドのイベントにFACTで呼んでもらってここでライブしたり色々思い出あるよね。」と思い出を語り、FACTのラストツアーのツアーファイナルの会場がここ稲毛K’s Dream であったことを匂わせた。

最後にImmyが1stアルバムの収録曲で一番好きな曲という「Slip」を披露し、公開リハーサルは終了。全6曲を披露した公開リハーサルを終え、「今度はライブに来て思い切り楽しんでほしい。」と集まったファンにメッセージを送り会場を後にした。

Joy Oppositesは8月20日SUMMER SONIC 2016 東京 MOUNTAIN STAGEのオープニングアクトとしてデビューライブを行う。翌日にはSUMMER SONIC 2016 大阪 FOREST STAGEにも出演する。

リリース情報

1st album「Swim」
2016年8月10日発売
QAIR-10040 / 2,800円+税
1.Candyass
2.In My Bones (Album Version)
3.Swirl
4.Somewhere Down The Line
5.Now & Then
6.King Of Nothing
7.Skim The Sun
8.Blossom Forecast
9.Newport Rules
10.For The Crows
11.Slip
12.Cabeza(※日本盤ボーナストラック)

関連リンク

Joy Opposites オフィシャルサイト:http://joyopposites.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP