ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

止め打ちはスマホのメトロノームアプリが主流

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パチンコ・パチスロのデビューは15歳。ゴト行為は19歳から始めて、約10年間かかわったという元ゴト師。かつて流行ったゴトはほぼ対策されていますが、最近でも可能なゴトが「止め打ち」です。元ゴト師が語る止め打ちの方法を見ていきましょう。

止め打ちで1日5万円の差が出る

止め打ちは特定の周期を狙って打ち出しタイミングを調整すると、台の内部にある大当たりフラグに入りやすくなるって技。1/399を1/100にこちらから近づけるワケです。

現在、止め打ちは禁止されているんですが、裏を返せばこの方法は正しい理論だったと店側からお墨付きをもらったっということでしょう? 店員だって客が打っているところをずっと監視するわけにもいかないから、今でも止め打ちはできます。

一定のリズムを崩さないように、止め打ちには低周波マッサージ機などのいわゆる「体感器」が使われていたんですけど、電波が出ているから店側にバレる可能性がある。だから今は、スマホのメトロノームアプリが主流。普通に打つのと止め打ちとでは、1日の収支に約5万円の差が出ますね。

止め打ちはスロットの方が稼げる

止め打ちは、釘が障害になりタイミングが合いにくいパチンコよりも、スロットの方が稼げます。レバーを引いてボタンを3つ押すタイミングを、メトロノームのリズムに合わせるだけですから。

最近知り合った若いパチプロの兄ちゃんは、ユーロビートを聞きながら打つっていってたけど原理は止め打ちと同じ。だから最近店によっては、イヤホンやヘッドホンを着けるのもやめろって店もありますよ。

あと、俺はメーカーの人間じゃないから分からないけど、一定のリズムで打つと、フラグを微妙にずらして確率を変えさせない台なんかも、もうできてるかもしれないですね。いつの時代も店とゴト師は化かし合いなんですよ。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP