ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一人暮らしでも要注意!食中毒を引き起こす、キケンな冷蔵庫の使い方3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏は食中毒が心配な季節。どんなに暑い日でも、冷蔵庫に食品を保存すれば食中毒は起こさない、と思っていませんか?実は冷蔵庫でも安心できるわけではなかったのです。そこで、今日は危険な冷蔵庫の使い方3つをご紹介したいと思います。

買ってきたものをすぐに冷蔵庫にしまわない

コンビニやスーパーマーケットで買い物をして、そのまま着替えをし、テレビをつけて椅子に座って一休み。こんな経験はありませんか?

コンビニやスーパーマーケットは温度管理をしています。せっかく最適の状態にしてある製品を、あなたの家にもってかえってそのままにすると、野菜などは傷みやすくなり、卵、肉や魚などは雑菌が繁殖しやすくなるのです。その結果、食中毒を引き起こすことになってしまいます。

買い物から帰ってきたら、すぐに冷蔵庫にしまう習慣を身につけましょう。

冷蔵庫に食品をパンパンに詰める

あなたの冷蔵庫の中を思い出してください。とりあえず冷蔵庫にいれれば安心と思って、たくさん詰め込んでいませんか?

卵、ペットボトルや、野菜ジュース、ビール、パン、野菜やお惣菜などで冷蔵庫がパンパンになってしまっている。これでは、冷蔵庫は冷えません。多めに買う習慣のある方は特に要注意です。買ってきたものを詰め込みすぎることになってしまいます。

冷蔵庫が冷えず食品が傷み食中毒の原因になりますので、冷気が循環する空間を作るようにしましょう。

冷凍庫からだした食品は冷凍庫に戻さない

冷凍庫にある肉や魚を料理しようと、解凍することはだれでもすることです。作り始めたら、肉や魚が多かったことに気がつく、そして、もったいないからとそのまま冷凍庫に戻す。やってしまいがちですが、とても危険な行為だったのです。


冷凍や解凍を繰り返すことで、食中毒菌が増殖することがあります。使う分だけ解凍して使い切るようにしましょう。

冷蔵庫の中の賞味期限切れの食品のチェックも忘れずに。冷蔵庫を正しく使って、食中毒を予防してくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

「太らないからこれ食べよう」は危険!成功するのは“心を満たす”ダイエット
「代謝」を活かせば身体が変わる!太りにくい身体になれるエクササイズの選び方
いやなことがあったときのおまじない。ローズウッドでゆったりリラックス♡
美人づくりは歯が命!おすすめ歯磨き粉・3選
美脚の大敵「むくみ」を最小限に抑える3つの習慣!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。