体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パキスタン料理を食べてみよう!オススメのメニュー15選

Photo credit: Shin Takuya「PAKISTAN」

Photo credit: Shin Takuya「PAKISTAN」

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はインドの左隣にあるパキスタンの料理をご紹介します。私は地元の神戸でパキスタン料理を1回だけ食べたことがあります。なかなか興味深く、とても美味しかったことを覚えています。ぜひ、この記事をきっかけにして、パキスタン料理を楽しんでくださいね。

パキスタン料理の特徴

「パキスタン料理」と聞いてパッと思いつく方は少ないのでは。パキスタンは様々な国(インド、アフガニスタン、イラン)に囲まれていますので、様々な食文化の影響を受けていることが特徴です。まず、パキスタンはイスラームの国ですので、豚肉を食べることはNG。その代わり、羊をよく食べます。そして、羊の頭までも食べてしまいます。パキスタン料理ではぜひ羊の料理にチャレンジしてみましょう。
そして、インドと同様にパンもよく食べられます。インドでおなじみのナンも登場しますよ。インド料理との違いを見つけながら食べるのもいいでしょう。

パキスタン料理15選

それでは具体的にパキスタン料理を見ていきましょう。

1. ティッカ ボッティ バーベキュー

Photo credit: Miansari66 (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

Photo credit: Miansari66 (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons
最初にご紹介するのは日本人の口に合いそうな「ティッカ ボッティ バーベキュー」。これは「パキスタン版焼肉料理」と表現すればいいのかもしれません。比較的小サイズに切り分けてあるので、食べやすいのが特徴です。日本との違いはスパイシーであること。最初の方は水がないと食べられないかもしれませんが、慣れてくると逆に「辛さ」が病みつきになってきます。

2. 肉団子入りのコフタカレー

Photo credit:  ShashiBellamkonda via Flickr cc

Photo credit: ShashiBellamkonda via Flickr cc
「肉団子入りのコフタカレー」は「パキスタン版ハンバーグ」といったところでしょうか。材料としてはハンバーグと同じくひき肉と玉ねぎを使用します。こちらも香辛料をかなり使いますので、調理する際は適当に調整するようにしましょう。香辛料を調整してご飯と合わせるのもいいかもしれません。

3. パキスタン風カレー

Photo credit: By Miansari66 (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

Photo credit: By Miansari66 (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons
インドの隣だけあってパキスタンでもカレーはよく食べられます。カレーでも大量の香辛料と肉を使用します。ただ、「パキスタン風カレー」の大きな特徴はトマトピューレを使うこと。アジアにおいて、カレーを作る際にトマトピューレを使う国はかなり少ないようです。ナンと一緒に食べると、食がどんどん進みますよ。

4. パキスタンチキンカレー

1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。