ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAPはもっと上手な解散できた 大人の引き際として疑問

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年内での解散を発表したSMAP。もちろんファンにとってみれば、これほどまでにショックなことはない。

「熱心なファンが『世界に一つだけの花』の購買運動をすることで、グループの存続を願ってきましたが、それがメンバー全員に同じように響いてなかったんですね。解散することが悪いわけではありません。ただ解散の仕方が悪すぎる」(コラムニストの田幸和歌子さん)

 SMAPのCDやグッズ、コンサートチケットやファンクラブの売り上げは25年間で約3000億円に上るとされる。メンバーの才能と努力はもちろんだが、それだけの金額を払ってきたのはSMAPファンに他ならない。

「今年1月の解散騒動以降、事務所の社長であり、SMAPの“産みの親”であるジャニー喜多川さんは再三再四、メンバーと話し合ってきました。“ファンが待ち望んでいるんだから25周年のライブをしようよ”と、懇願するようにメンバーに語りかけたそうです。それでも彼らは首を縦に振らなかった。大恩人の言葉にも耳を貸さず、ファンとのお別れをする場であるはずの解散ライブもしようとしない。それなのに事務所には残りたいと言う。“まったく周囲に目がいかず、わがままがすぎる”と事務所スタッフも漏らすほどです」(芸能関係者)

 そもそも、1月の解散騒動後、“再出発”を誓っていたのはメンバー自身だった。その言葉に安堵していたファンをたった数か月で裏切る形となったのは紛れもない事実だ。

 すでにジャニー社長が明言していてファンが大きな期待を寄せていた25周年ライブも行わず、紅白への出場も今のところ見通しは立っていない。2020年の東京パラリンピックの応援サポーターという国家的事業へも参画していたが、解散によって途中でリタイアとなった。

 レギュラーのテレビ番組だけでなく、多くの関係者が汗を流している事業が中止に追い込まれている。中学生や小学生から芸能活動をしていて、世間知らずだというのは言い訳にはならない。「大人力」についての著述が多いコラムニストの石原壮一郎さんが指摘する。

「大人の引き際としては疑問が残ります。そもそも仲間割れを理由にして解散するなんて、中学生の部活動のケンカじゃないんですから。社会的に大きな影響力を持つ人のすることではない。よく芸能界ではグループが解散するときに使う『卒業』という言葉がありますが、“それぞれが新しい道を歩むために”とか何とか理由をつけて、本音はグッと胸に秘め、『卒業』していくのが大人のやり方でしょう。

 それさえ終わればもうメンバーは顔を合わせることはないわけですから、最後の力を振り絞って、解散コンサートをやってファンに感謝を示せば、幾分かはファンのもやもやも解消できるはず」

 1月の解散騒動以降、最悪の事態を考え、「上手に解散するにはどうすればいいか」を長い時間をかけて考えておくべきだったと分析するのは、危機管理コンサルタントの田中辰巳さんだ。

「もし1月の時点で“グループは存続するが個人の活動をより重視する”という方針でも発表していれば、ファンは気持ちを整理する余裕もできたし、テレビ局やCMスポンサーなどの関係先も解散の可能性を踏まえて準備ができたはずです。突然の解散発表は多くの関係者に迷惑をかけることになります。また、いざ解散するとなっても、『40代はアイドルとしては年齢が高すぎるから』や『個人の仕事にもっと挑戦したいから』などの大義名分さえつくれば、SMAPの今までの功績に泥を塗らずに済んだ。それをせずに内紛を表面化させたことで、自分で自分の価値を貶める結果になってしまいました」

 前出の田幸さんは、こんな見方をする。

「SMAPは事務所の圧力に屈した、かわいそうだと見る向きもありますが、SMAPはそんなに弱くない。社会的にも大きな影響力を持っていて、世論を見方につけるだけの発信力も持っています。中居さんはそれを長期的展望で進めようとしたのでしょうが、最後はグループが1つにまとまらなかった甘さが、解散という結果に結びついたんです」

 コラムニストでアイドル評論家の中森明夫さんが言う。

「SMAPは戦後最大のアイドルグループです。それだけ長い間、第一線で多彩に活動してきたグループはかつてない。それなのに、解散にあたって本人たちの記者会見も肉声もない。発表されたコメントだって本当に本人が書いたものなのかわからないですよ。

 芸能メディアも肉声をファンに届けることが仕事でしょう。なのに、その職務を放棄してしまっています。つい先日、天皇陛下が生前退位についてお気持ちを語られました。異例のことでしたが、肉声で語られることに踏み切られた。SMAPは皇室以上にアンタッチャブルな存在なのかと思ってしまいますよね。

 会見でも動画でもいいですが、ファンに向けて肉声で想いを伝えることが国民的と呼ばれるアイドルの最低限の誠意でしょう。SMAPの解散の仕方に世間が不信感を抱けば、アイドル文化全体、芸能界全体の衰退につながりかねないと思います」

 国民的スターとして歩んできたSMAPが、ファン不在のあまりに無作法な終焉を迎えようとしている。周年ライブとはいわない。紅白の舞台で、ダメならせめて会見でもいい。5人揃って肉声で話さなければいけない責任が、国民に愛されたSMAPにだからこそあるのではないか。ファンは、SMAPの生歌をもう一度聞きたいと願っている。

※女性セブン2016年9月1日号

【関連記事】
SAPIO大好評連載・業田良家氏4コママンガ 「謝罪会見」
石破茂氏 解散決定時に国会内で使用制限の携帯メールしてた
解散報道で木村拓哉自宅前にファン集結「祈りを捧げに来た」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。