ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

敷地内でもウインカーと目視確認 天皇陛下「頑な」な素顔

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 終戦記念日の8月15日、天皇皇后両陛下は日本武道館(東京・千代田区)で行われた『全国戦没者追悼式』に臨席された。およそ7000人の参列者の前で、陛下は戦禍が繰り返されないことを願われ、戦没者の御霊に祈りを捧げられた。

「昨年、段取りにお間違いがあった行事ですから、陛下はいつも以上に緊張されているようでした。ご退席の直前、客席から“両陛下、万歳”と声が響くと、両陛下は少し驚かれたご様子ながら、ゆっくりと頭を下げられていました」(皇室記者)

 追悼式の7日前、8月8日に陛下は異例のビデオメッセージで「お気持ち」を表明された。

「文案はご自身でお考えになり、最終稿は内閣官房などとも相談の上で練りあがったものです。収録は前日7日の夕方に行われ、撮り直しはなく一度で終えられました。美智子さまは撮影のお部屋まで陛下にお供されました。その後一旦お部屋を離れられる予定でしたが、陛下から“重要なことなので、この場に”というお言葉があり、収録のご様子をお側でご覧になったということです」(宮内庁関係者)

 メッセージには生前退位への陛下の強いお気持ちが滲み、皇室の未来への憂いが感じられた。憲法の規定に相反するという指摘もある中で、それでも固い決意とともに国民に語りかけられた陛下のお姿に、「いつもの穏やかでお優しいイメージとは異なっていた」という声も少なくなかった。

 すべての公務をしっかりと果たされたいという「完璧主義者」、直前まで生中継のご希望をお持ちだったという「こだわりの強さ」――異例のお言葉発表は、陛下の素顔を垣間見ることのできる機会でもあった。関係者は、「“本当の陛下のお姿”と“国民のイメージ”との間にはもしかしたらギャップがあるかもしれない」と明かす。

 身近で陛下と接してきた関係者から話を聞くと、陛下の「知られざる素顔」が浮かび上がってくる。今年1月、陛下は運転免許証を更新されたが、お若い日からドライブは陛下の趣味のひとつだった。

「幼い頃の皇太子さまや美智子さまを助手席に乗せられて、御所や皇居の中をドライブすることも多くありました。陛下は、曲がり角では必ずウインカーを灯され、目視での周囲の確認を欠かさないのです。敷地内ですから他に走っている車はいませんし、歩行者も時折見回りの警備や職員がいる程度。それでも陛下はルールを守られるんです。“生真面目”を通り越して、“頑な”なご性格が拝察されました」(前出・宮内庁関係者)

 繊細な印象が強い中で、時には「豪気」なお姿を見せられることもあるという。ご静養の折、両陛下のご到着の夜に、御用邸では職員同士の慰労の宴席が開かれるという。

「その場に両陛下はお顔を出され、職員に労いのお言葉をかけられるんです。ある時には、宴席にいらっしゃった陛下の腕に、日本酒の一升瓶が抱えられていたこともありました。陛下の豪快な労いには職員から思わず歓声が上がったそうです」(別の宮内庁関係者)

 常に微笑みを絶やされない陛下が、時に「勝負師」の顔に変わられることもある。

「最近でも皇族方や職員を交え、御所では卓球や百人一首に興じられることが多くあります。陛下、お強いんですよ。相手の手の内を読む勘がいいといいますか、とにかく勝負どころでの集中力にはすごいものがありました」(前出・別の宮内庁関係者)

 優しさだけでなく、時には厳しさも表に出された。子育てには、常に父としての厳格さを持ってあたられてきた。

「教育係を置かず“子育ては極力夫婦で”と話されるほど陛下は教育熱心でした。皇太子さまが幼い頃、毎年のクリスマスパーティーにプレゼントはありませんでした。“物”より大切な“心”を育むためだったのだと思います。子供心にはおもちゃがきっと欲しかったでしょうが、将来の天皇という皇太子さまのお立場も鑑みて、厳しく接されたのです。

 また、秋篠宮さまが小学生の時、ペットのテンジクネズミ(モルモット)を池で泳がせようとして、死なせてしまったことがありました。ちょうど通りかかられた陛下に、秋篠宮さまは“池で泳がそうとしたら、死んじゃった”と。すると次の瞬間、陛下は黙ったまま秋篠宮さまを池に投げ込まれたというんです。命の尊さを身をもって教えるためのものでした」(前出・宮内庁関係者)

 その厳しさも、家族に対する愛情の表れ。その慈しみ深い愛は美智子さまにも注がれてきた。成婚当時、民間初の皇太子妃として皇室に嫁いだ美智子さまは、内外からの逆風にさらされた。

「その頃、陛下の計らいもあり、美智子さまは学生時代の友人を招かれ、今でいう“女子会”をすることが大きな息抜きのひとつだったんです。そんな時、陛下は、なにも言わずそっと席を外され、おひとりで読書や音楽鑑賞をされていたといいます。美智子さまのため、ご友人同士リラックスした時間をつくろうとされたのだと思います。ときには、おしゃべりが弾むようにと陛下が紅茶をいれられたこともあったそうです」(前出・別の宮内庁関係者)

「気遣いの人」で「マメ」。生まれたときから天皇になる未来が決まっていた陛下にとって、やはりそれは重要な要素だったのだろう。

「雨の日のお出ましの際、陛下がよくビニール傘を使われていることを不思議に思ったことがありました。これも、実は気遣いの表れ。周囲から顔がよく見えるようにとわざと透明な傘を使われているんです。似たようなことは、2012年に山梨を訪問された時にも。お召し列車から、両陛下は沿線の人々に手を振られていました。それは、田園地帯などほとんど人がいないような場所でも続いたのです。“自分の姿を見たいと思って1人でも沿線で待っていたら、がっかりさせてしまうから”と、揺れる車内でずっと立ちっぱなしでいらっしゃいました」(前出・皇室記者)

 陛下の素顔を垣間見ることで、ビデオメッセージのお気持ちは、より深く私たちの胸に響いてくる。

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年9月1日号

【関連記事】
天皇皇后両陛下が私的旅行の訪問先に青森県を選ばれた理由は
「皇太子ご夫妻はPCが趣味。秋篠宮はマック派」と宮内庁筋
天皇皇后両陛下エメラルド婚 夕食会プロデュースは雅子さま

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP