体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モチベーション維持にも秘訣あり スタディサプリ一流講師陣推奨!受験勉強やる気アップ法

夏休みもいよいよ終盤。受験生のみなさん、勉強は捗っていますか?よ~し!受験勉強始めるぞ!!!と意気込んだ7月初めのあの気合い、どこかに置き忘れていませんか??ちょっと息切れしてきたかも…って感じいてる人もいるかもしれませんね。夏を超えたってライバルにも自分にも負けられない受験生だからこそ、モチベーションをうまくコントロールして勉強に向き合ってほしい。

そんな想いから、放課後版編集部は長年受験生を応援し続けてきたスタディサプリの一流講師陣に、モチベーションを上手にコントロールして、やる気アップさせる方法を教えてもらいに行ってきました。今回は5人の先生のオムニバスです!自分にあったやる気アップ法、ぜひ見つけてくださいね!

関正生先生のやる気アップ法「100個用意せよ!」

Q.やる気がなくなったとき、どうやって鼓舞すればいいですか?

3つあります。まず、やる気はなくなるのは当たり前と知る。最初からなくなるんだとわかっていれば、なくなる前に自分なりのやる気をアップさせる方法を用意しておくといい。ちなみに僕は些細なものを含めて100個くらいやる気をアップさせる方法を用意しています。

つぎに、飴と鞭を用意する。大学に受かったらやりたいことリストを作ってノートに列記してみる。もしくは、その逆のリストを作るのでもいい。落ちたらどれだけつらいのかとか。自分にとって鼓舞できる方でいいから用意してみて。そして最後に、志望校に行く。オープンキャンパスもいいけど平日がいい。大学の門の前に立ち、学食でご飯を食べるなり、許可してもらえたら授業を見学させてもらうなりして、そうやって雰囲気を存分に味わってくる。きっと、ここに行きたいという気持ちが漲るはず。


堺義明先生のやる気アップ法「時間を決めて好きなことやる!」

Q.やる気がなくなったとき、どうやって鼓舞すればいいですか?

勉強中にやる気がなくなるのは、おそらく苦手な勉強をやっているときだと思う。そんな時は、例えば30分だけと時間を決めて好きな科目の勉強をする。僕の場合は数学と物理が好きだったから、その2つの問題を解いて気持ちを切り替えていました。勉強そのものにやる気がでないときは、例えば1時間だけと決めて好きなことをする。例えば好きなテレビ番組があるなら1時間その番組を見る。だらだら見をせず見終わったら切り替えて勉強する。

その2つでもどうしても気が乗らない…そんな時は、今から24時間は勉強しない!と決めて勉強から離れてみる。僕自身も1度試したことがあるけど、僕が勉強していない24時間の間にライバルは勉強しているし、自分も勉強したいと焦る気持ちもあって、24時間後には猛烈に勉強したくなったから。これはちょっと荒療治かもしれませんが、いずれにせよ、大事なのは好きなことをやるときは必ず時間を決めること。時間を決めずにだらだらしなければ、思い切って好きなことをやるのはいいと思いますよ。

岡本先生のやる気アップ法「頑張っている人を見てパワーチャージ!」

1 2 3次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。