体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅先で周りに恵まれる、シンプルで大切な考えかた

旅先で周りに恵まれる、シンプルで大切な考えかた

現在、世界一周4カ国目タイにいます!KEIです!ようやく日本を離れ120日。バックパッカーを始めてひと月が経ちました。

フィリピン→シンガポール→マレーシア→タイと、東南アジアを旅していて、その全ての国でホームステイをしています。すでにたくさんの親切な人々に出会ってきました。

IMG_2915 2

photo by Kazuki Kiyosawa

カウチサーフィンで優しいホストに出会ったり、道に迷っていても「私に付いてきて!」と最後まで連れて行ってくれたり、バスの中で仲良くなった人の家に泊めてもらったこともあります。

また、新しい場所でもすぐに現地の友達が出来たり、なくしたiPhoneをわざわざ届けに来てくれるタクシードライバーさんやゲストハウスでも良い旅人たちに恵まれした。

もしかしたら「出会うコツ」があるのかもしれないと思い、普段から“自然と”気を使っていることを自分なりに考えてみました!

これで、どこに行ったってあなたは周囲に恵まれるはずです!

 

それはシンプルなこと「悪いこと」をしない

IMG_3144

photo by Kazuki Kiyosawa

「悪いことをしない」そんなシンプルなことをしていれば、自然と人は集まってくれます。

なんて当たり前のことを記事にしてるんだ。なんて思う方も多いかと思います。でもこれだけは、強く言えます。

バンコクでなくしたiPhoneが返ってきた時も、マレーシア・ペナン島で真夜中に道に迷った時に宿までバイクで送ってもらった時も、困っている時に周囲の人たちが助けてくれるのは「日頃の行いの良さ」に比例していると感じました。

IMG_3169

photo by Kazuki Kiyosawa

僕ら日本人のほとんどの人が「宗教」を持っていません。なので、明確に何が正しくて、何が悪いことか。説明できる人もいませんし、「誰かの幸福は誰かの不幸」という考え方もあります。

僕はフィリピン留学時、ローマカトリックの教会へ何度か足を運び、その中でも「新・旧約聖書」を読んだ経験があり、多くのカトリックの方達と「価値観」について語り合ってきました。

そして、タイやインド、仏教徒の国に行く前に「仏教の教え」や「道徳」というものを再度勉強しました。

 

そこで、どんなに自分が悲しい思いをして、心に余裕がなくなったとしても決して、「人が悲しむこと」をしてはいない。嫌なことに対する「仕返し」はこの世で、もっとも無意味な行為だということを学びました。

挫けそうになっても、ただまっすぐ前を向いて、「全ての出来事は自分のために起こる現象」だと信じて、ポジティブに生きてみましょう!

周囲の人は、そんな直向きにポジティブな姿のあなたをほっとけないと感じるでしょう。

 

心に余裕を持ち続ける

IMG_3608

photo by Kazuki Kiyosawa

自分のことでいっぱい、いっぱいになってしまうと、視野が狭くなって周囲のことに気がつかなくなってしまいます。

旅をしていて、ハプニングやトラブル、予期せぬ出来事が幾度となく起こると思います。

IMG_0082
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。