体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンカフェ×THE MICRO HEAD 4N’S、2マンツアー「THE MICRO CAFE」を開催

アンカフェ×THE MICRO HEAD 4N’S、2マンツアー「THE MICRO CAFE」を開催

THE MICRO HEAD 4N’Sとアンティック-珈琲店-が、9月に東京、名古屋、静岡を舞台にした2マンライブツアー『THE MICRO HEAD 4N’S&アンティック-珈琲店-2MAN LIVE 2016「THE MICRO CAFE」』を開催する。

最初の接点は、今年3月に新木場STUDIO COASTで行われたイベント『Crazy Monsters「クレモンフェス」~春の祭典2016~』へ出演したときのこと。当日、アンティック-珈琲店-のベーシストであるカノンがインフルエンザでライブ出演が不可能に。そこで助っ人としてアンティック-珈琲店-のライブでベースを弾いたのがTHE MICRO HEAD 4N’SのZEROだった。そこから互いの関係性が生まれ、8月に行われた『Crazy Monsters「クレモンフェス」~夏の浴衣祭り2016~』を通しふたたび共演したことで互いの距離が一気に縮まり、今回の2マンライブツアーにまで発展していった。

すでにメンバー間ではいろんなことを計画しているようで、互いのバンドのパートメンバーを一部チェンジした演奏が飛び出す可能性もありそうだ。お互い、ただ共演したではなく、「一緒に交わりながら、この2バンドだからこそ意味のあるツアーにしよう」という想いを強く持っている。一夜ごとに異なる楽しさが飛び出しそうなだけに、特別な三夜になりそうだ。

THE MICRO HEAD 4N’S(ZERO&Nimo)、アンティック-珈琲店-(みく&カノン)が集い語った、2マンツアー向けてのプチインタヴュー。

――THE MICRO HEAD 4N’Sとアンティック-珈琲店-による2マンツアー『2MAN LIVE 2016「THE MICRO CAFE」』が、東京、名古屋、静岡の3ヶ所で開催になることが決定しましたね!気になるのが、この2バンドの接点はなんですか?

ZERO:アンティック-珈琲店-とはD’espairsRay時代にイベントで共演をしたことはあったけど、あの当時は挨拶程度でとくに深い接点はなかったんですよ。

みく:あの頃のZEROさんは…っていうかメンバー全員独特な存在感を放っていたから、正直、近づくのが怖かったですね。

ZERO:みんな内に内にと想いを秘めていた人たちばかりだったように、自分たちの中だけに終始すれば、外との繋がりを積極的に求めるバンドではなかったからね。

みく:でも、THE MICRO HEAD 4N’SのZEROさんとして接し始めたときに、じつはとても穏やかな人なんだというのを知り、それまでの怖かった印象が一気に吹き飛びました。

ZERO:アンティック-珈琲店-と再会したのが、自分らにとっては世代の近い人たちが多く集まった「Crazy Monsters」というフェスティバルの場だったことも大きいんじゃないかな?ここは、経験を重ねた人たちが丸くなって集まったような場だからね。

みく:経験というか、年齢を重ねてみんな丸くなりながらですけどね(笑)。

ZERO:そうだね(笑)。どのバンドも始めたばかりの頃は、自分らの描きたいイメージを強く持っていたことから尖ってたからね。

みく:THE MICRO HEAD 4N’Sさんとアンティック-珈琲店-の接点は、新木場STUDIO COASTで行われた「Crazy Monsters」のときでした。あのときは共演バンドとして再会しただけではなく、うちのバンドで数曲、ZEROさんに演奏を手伝ってもらったことからでしたよね。

ZERO:ライブの前日にアンティック-珈琲店-のスタッフさんから「ベースのカノンがインフルエンザで倒れてステージに出れないので1曲弾いてくれませんか?」と連絡が入り、「1曲だけならいいっすよ」と、当日、会場へ向かったら、2曲弾かされた(笑)。

カノン:あのときは僕がインフルエンザで倒れてしまい、ステージに出る許可が病院から出なかったんです。

みく:ライブ当日の直前に初めてZEROさんと接点が生まれたんですけど。ライブ本番で、僕の横でZEROさんがベースを弾いてるじゃないですか、お客さんの目線がみんなZEROさんへ向いてるんですよ。僕らのファンの心までZEROさんに奪われてしまい、共演したのが良かったのか悪かったのか(笑)。もちろん、共演出来て嬉しかったんですけど。「これは内に取り込むのではなく、対バンしたほうが面白くなりそうだぁ」と思いましたね。そうしたら、共通のスタッフさんが今回の企画を立ち上げたわけなんですよ。

カノン:僕としては、アンティック-珈琲店-の中で演奏をするZEROさんの姿も観てみたいんです。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。