ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リオオリンピック真っ盛り! カルディでお手軽ブラジル料理「フェジョアーダ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは! 青山理沙です。リオオリンピック、盛り上がってますね~。観戦していたら本格的なブラジル料理が食べたくなってきました。

早速輸入食品店のカルディをぶらついてみたら、ありました! お手軽ブラジル料理。

今回ご紹介するのはコレ。「フェジョアーダ」。 ブラジルの異国情緒溢れるパッケージ。1人前 税込288円。期間限定商品です。

インゲン豆と豚肉(または牛肉)の煮込み料理で、ブラジルの代表的国民食として有名です。パンと一緒に食べるか、カレーのようにご飯にかけて食べることが多いようです。

まずはパンと一緒に食べてみたいと思います。

濃厚豆肉ルーとさっくり香ばしバゲットが絶妙バランス

バゲットを程よい厚みにカットしてトースターに入れたら、パウチ包装されたフェジョアーダを深皿に移し替え、ふわりとラップをかけて500Wのレンジで2分間チン♪ とろみのある濃厚ルーと、香ばしくカリッとトーストしたバゲットは相性バツグンです。

 こんがりフランスパン&フェジョアーダのブラジル王道ランチがお手軽に完成。

熱々のフェジョアーダは美味しいです。黒インゲン豆たっぷりのソースに豚肉が混じっているのですが、脂っこくないのにコクはしっかりとあって、これはスプーンが止まらない。

玉ねぎやワイン、ガーリックなどの旨味が味に奥深さを出しています。

ここでフェジョアーダソースにフランスパンを浸してパクリ。黒インゲン豆のきめ細やかな濃厚食感と、軽くあぶられてサクサク感のあるフランスパンが絶妙なバランスです。

フェジョアーダにはパンで決まりでしょう! と締めくくりそうになりましたが、商品パッケージはライスにフェジョアーダをガッツリかけている写真なので、やっぱりライスかけバージョンも試してみることに。

不思議な旨みが癖になる!ライスにたっぷりとかけて、ゴージャスディナー

まるでカレーかハヤシライスのような外見ですが、初体験のお味♪

熱々ライスにフェジョアーダをたっぷりとかけ、有り合わせのサラダを盛り付けてみると、ただレトルト食品を温めただけなのに、何故かオシャレ感溢れるワンディッシュに。

バゲットとあわせた時にはブランチにピッタリと思ったけれども、ライスと合わせるとディナー向けな食べ応えある味になります。

栄養面でも、ポリフェノールや亜鉛、葉酸、食物繊維といった栄養素が豊富に含まれているので、しっかりと栄養を摂りたい夕食時にはうってつけですね。

カロリーも1人前150kcalと低カロリーなのでダイエット中でも安心して食べられるのも魅力です。

いかがでしたか?  なかなか海外旅行にまで行く時間や予算は取れないものですが、こんな風にちょっとオシャレな食事を手軽に楽しむだけでも、思いがけなく気分もリフレッシュ出来ました♪

関連記事リンク(外部サイト)

カルディから期待のパクチードリンクが登場♪ その名も「パクチーモヒート」
美味しすぎると話題のカルディ「バターミルクビスケット」アレンジレシピ6選
KALDIオリジナルの「瀬戸内レモンサワー」でかる~く一杯♪ おつまみもレモンでスッキリ!

カテゴリー : グルメ タグ :
もぐナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP