ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モノブライト、初のセルフカバーアルバム『VerSus』を10月にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モノブライトがセルフカバーアルバム『VerSus』を10月12日にリリースすることがわかった。

本アルバムには、10周年にふさわしいモノブライトのヒットソングが選曲された。2007年7月にリリースのデビュー曲「未完成ライオット」をはじめ、同年のデビューアルバムから「デイドリームネイション」、2008年の映画『アフタースクール』の主題歌として大ヒットした「あの透明感と少年」、2009年の2ndアルバムからライヴ定番曲「踊る脳」、2011年のスカパー!Jリーグ中継イメージソング「COME TOGETHER」、映画『婚前特急』の主題歌として主演の吉高由里子とのMVが話題を呼んだ「DANCING BABE」と、全6曲が収録される。

モノブライトの10年間で産み落とされてきた名曲たちが、デビュー10周年という節目の年に、どのようにリアレンジされているのか? お楽しみに!

【モノブライト 桃野陽介 コメント】

「セルフカバー『VerSus』について」

「デビューしてから10年という節目である僕らは、これから先変わることなく、自分たちの音楽、バンド、そしてこのコメントを読んでいる音楽ファンのアナタとともに活動していく所存です。

バンド初となるセルフカバーアルバム「VerSus」は、モノブライトが常に過去を超える作品、活動を目指してきた思いから、VSであり、対峙である、といった意味と、生み出した愛おしい楽曲たちとともに未来へ進んでいく気持ちで、このタイトルを付けました。

今現在のモノブライトを余すところなく感じていただくには、ライブに来てる人は、その進化を感じて頂いていると思いますが、音源でも、それを表現したい!! そんなコンセプトが今回のセルフカバーであります。今が一番面白いと思うから、まだやってない事をやりたい。今が一番面白いと思うから、昔の曲をやっても新しく聞こえるんじゃないか、僕らのデビューシングル「未完成ライオット」を今やったら完成しちゃうんじゃないかという、絶対的自信確信から生まれた作品なので、コレ聴いたらライブ見たくなっちゃうよ☆そんな温故知新アルバムを是非、楽しみにお待ち下さい!」

アルバム『VerSus』
2016年10月12日発売

ASCU-2007/¥1,667+税

<収録曲>

01.未完成ライオット(VerSus Ver.)

02.デイドリームネイション(VerSus Ver.)

03.あの透明感と少年(VerSus Ver.)

04.踊る脳(VerSus Ver.)

05.COME TOGETHER(VerSus Ver.)

06.DANCING BABE(VerSus Ver.)

※曲順未定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP