ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フラミンゴ以外のほとんどの動物が生きられない、世界で最も過酷な湖とされる「ナトロン湖」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アフリカのタンザニアにあるナトロン湖は、ほとんどの動物にとって、文字どおり地上の地獄のような場所である。湖水のpHと温度のレベルが非常に高いため、これに適応できない動物は皮膚や目が焼けただれてしまうのだ。

しかし、ある動物にとってこの湖は、地球で生存していく上で最後の砦の1つとなっている。フラミンゴである。

150万羽以上のコフラミンゴ(lesser flamingo)が毎年、繁殖のためナトロン湖に集まる。ここは世界のコフラミンゴの半数以上を生み出している場所なのだ。

コフラミンゴは硬い皮膚のおかげで、ナトロン湖の過酷な水に耐えることができる。しかし、そのすみかが今、危機に瀕している。

タンザニア政府が、ソーダ灰の採取のためナトロン湖を掘ることを考えているのだ。そうした危険な状況にあるものの、ナトロン湖とそこにすむピンク色のフラミンゴの間には、生と死の微妙なバランスが保たれている。

■参照リンク
http://www.aol.com/
■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

【リオ五輪】予選で敗れるもこのサービスぶり! 重量挙げ選手がみせたお茶目パフォーマンスがネット上で話題に
【リオ五輪】中国代表の女子水泳選手がアツい! ユニークなキャラで人気の対象的な美女2人が話題に
【リオ五輪】可愛すぎると話題のオーストラリアのハードル選手、インスタグラムに投稿したある写真が話題に
「ワンピース」がダントツ1位!「漫画全巻ドットコム」で売れているコミックベスト1000発表!
ドラマ『そして、誰もいなくなった』が視聴者に与える本当の恐怖とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP