ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎週パーソナライズされたプレイリストを送信!No.1音楽配信サービス「Spotify」による新機能が良さそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

spotify1 (1)音楽のストリーミング配信を手掛ける業界最大手Spotifyが、新たなサービスを開始した。

・新機能「リリース・レーダー」

新たに導入された「リリース・レーダー」は、自動的に週ごとに自動的にユーザーの好みに合わせた新譜のリストを取り揃えてくれる。

別途課金や申し込みの必要はなく、Spotifyのユーザーであれば誰でも利用することが可能だ。リリース・レーダーによる新譜リストは、毎週金曜日に更新される。
具体的なサービス内容としては、そのユーザーのお気に入りのアーティストの楽曲とともに、ユーザーの好みそうな新たなアーティストの曲をも織り交ぜながら、合計2時間以内に収まるようリストを提供する、というもの。
Spotifyは以前も、個々のユーザーに合わせた楽曲リスト提供サービスを行っていたが、今回のリリース・レーダーは特に新曲に焦点を絞っている。

・他社にはない強み?

これは、Apple Musicなど他の競合相手との差別化を図る上で重要なポイントと言えるだろう。
ユーザーが自分好みの新しい曲を見つけ出すことは、こうしたストリーミングサービスにとって死活問題だ。特に、ユーザーにとってまだ馴染みのないアーティストの作品であればなおさら。
他に何を聴けばいいのか分からず、同じ作品を繰り返し聴いた経験が誰しもあるだろう。

新たに搭載されたリリース・レーダーがこの課題を解決するなら、Spotifyはこれからも好調を維持し続けるに違いない。

Spotify tries to crack the code of new music discovery

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。