体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トレタ、ツクルバ、ターミナルが語った「衣・食・住にIT技術を活かすエンジニアの働き方」──T3Meetupイベントレポート

「衣・食・住」分野とIT技術

扱うものがリアルな「衣・食・住」は、これまであまりITが進出していなかった分野だ。デジタルに実際のモノがのらないということもあるし、すでに産業構造が確立され過ぎているという要因もある。しかし、人の暮らしに不可欠なものだからこそ、もっとIT技術で便利になっていいはず。

そもそも今回のイベントの企画は、にファッションブランドの展示会・卸事業向けのオーダーシステムを提供し、従来のスキームをオンライン化した「ターミナル」、に飲食店向けの予約/顧客台帳サービスを提供する「トレタ」、に実空間+情報空間という形で場作りを手掛ける「ツクルバ」という、共通する課題の多い分野でチャレンジするスタートアップ3社がそろったことで始まった。

▲会場はツバクルが運営する会員制シェアードワークプレイス「co-ba library」
▲イベント開始時にはおしゃれなケータリングもすでに用意されていた

まずは各社から、ライフスタイルに直結するサービス作りについて、プレゼンが行われた。

1千万を超える予約件数をさばくトレタの予約/顧客台帳サービス

トレタが提供しているのは、飲食店の予約を簡単に管理ができる予約/顧客台帳サービスだ。進藤さんは、自社のサービスを「飲食店の予約/顧客管理を効率化して、より高度な接客を実現するためのツール」とした上で、現場を効率化してより楽にしていきたいという。

従来、紙ベースで顧客の予約を管理していたが、それをアプリに置き換えることで予約管理業務にかかるコストを削減することができる。また、ネット予約システムと連動することで、顧客側はネット予約が簡単にでき、お店側は予約管理業務がより効率化できる。

提供するサービスは予約管理、顧客管理、テーブル管理。これにより、お店側にとってはWebメディアなど複数に対応する手間が省けるという業務の効率化だけではなく、売上アップにも貢献しているという。

▲株式会社トレタ 事業開発室 マネージャー 進藤学さん

導入店のなかでは、トレタのサービスを利用することで電話が鳴り止まない状態を解消し、手離れよく予約/顧客管理が可能になった事例もあるという。これは、予約の流れがうまくオンライン化に移行できたということなのだ。

現在、競合が20社程という状況の中でシェアNo1、6千店舗以上がトレタの予約/顧客台帳サービスを利用している。また、シンガポール版トレタもリリースしている。

今後は顧客管理を軸に、さらに「飲食店体験」を根本的に変えていきたいという。Yahoo!、LINEなどのメディア連携、商品マスター・売上情報の活用など、トレタを経由して、顧客にはより条件に合うお店を選択・予約できるという利便性を、飲食店側には集客・収益への貢献が提供できる仕組みを構築していく予定だ。

例えば顧客情報と来店時のデータ(日付、注文の履歴、支払いなど)を組み合わせることで、どの媒体から来た顧客がどのくらいの利益をもたらしたかなど、広告の費用対効果などより厳密に数値化できる。もちろん、そうした顧客情報により、飲食店側は顧客に合わせた接客も可能になる。

サービスを開始し2年半、いまや1千万を超える予約件数、予約人数も延べ5千万人以上という規模、これを自社のエンジニアが支えている。

住のストックを活用する、ツクルバのリノベーション住宅特化のオンラインマーケット

ツクルバのミッションは「場を発明を通じて、欲しい未来を作る」。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。