ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実は食の優等生! 超スピード完成でおいしいドライカレーを自宅で作ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

多くの国民に愛されるカレー。その中でも、どこか影の薄いドライカレー。なぜでしょう?

レトルトカレーも数えきれないほどの種類が売られているのに、地元のスーパーでレトルトドライカレーを探したら、わずか1種類しか置いていませんでした。

しかもこの通り、なんかちょっと違う……これはドライじゃない……。

あえていうなら「どろっとしたカレー」でした。ドライカレーとの共通点は、肉がひき肉だということだけ。

ライカレーの素という粉末も売られていますが、ご飯に混ぜるというタイプが多いようですね。それ、カレーチャーハンじゃないの。

目指すのはあくまでも白米の上にカレー味のひき肉が乗ったドライカレーです!

ドライカレーは作り置きできるし、1食分ずつ冷凍保存しておけばいつでも食べられるし、なによりも作るのが簡単で、時間もかからず、そしておいしい。

ということで、今回は超簡単レシピだけどしっかりおいしいドライカレーの作り方をご紹介します。

なお、あらかじめお伝えしておきますが、相変わらず写真がアレで、ドライカレーのおいしさを写真でお伝えできないのが残念です。写真教室行ってみたのに……。ただし猫を上手に撮るコツを教えてもらう写真教室ですが(おかげさまで猫撮影の腕は上がりました)……。

今回は作り置きすることを想定して、材料は多めです。 牛豚合い挽き肉 400g 玉ねぎ 400g カレー粉 大さじ3 コンソメ顆粒 小さじ1 塩、コショウ 少々

たったこれだけ! カレーに合いそうな香辛料が家にあったら、その辺はもうご自由に、フリーダムな感じに追加してください。

材料のポイントは、ひき肉と玉ねぎを同量にすることでしょうか。カレーの辛さと玉ねぎの甘みがよく合います。

にんじんのみじん切り、あるいはすりおろして入れるなんてのもいいですね。

ひき肉も、牛のみ、豚のみ、あるいは鶏のひき肉など、お好みで選んでください。

さあ、作りましょう。

まずはサラダ油でみじん切りにした玉ねぎを炒めます。玉ねぎはあまり細かく切らなくても大丈夫。食感を楽しむくらいのつもりで。

「弱火であめ色になるまでじっくりと…」なんてなしです。強めの中火くらいで炒め、白かった玉ねぎがちょっと黄色っぽくなって、全体に火が通ったら、ひき肉も投入。

ひき肉から出た油が多い場合は、キッチンペーパーでふき取ってメタボ対策です。

そして、カレー粉とコンソメ顆粒を投入。火は止めずに全体になじませます。

カレー粉は炒めないと粉っぽいんですよね。カレー粉を混ぜる、混ぜつつ炒める、を心がけましょう。

そして最後に塩コショウ。カレー粉だけでは塩味がないので、ここで味を整えます。

はい、これでもうできあがり!

ご飯を炊き始めてから調理したら、まだご飯が炊けていないよという超スピードクッキング!

涙が止まらずみじん切りで思いのほか時間を取られましたが、それでもせいぜい15分程度でした。

どーん! これこれ、これがザ・ドライカレー! (写真がアレだけど)

卵との相性も抜群なので、目玉焼きや温泉卵を乗せてもおいしいし、見た目も華やかになります。個人的は甘い炒り卵がお気に入り(だまされたと思ってやってみてください)。

プラ容器に入れると容器にカレーの色が付いてしまうので、1食分ずつジッパー付きの保存袋に入れ、平べったく伸ばして冷凍保存すれば、場所も取らないし解凍も早いです。

普通のカレーと違って、お弁当にも持参できますよ。冷めてもおいしいのがドライカレーの魅力でもあります。お弁当箱のふたにカレー色が付くのを防ぐため(しつこくてすみません)、ご飯とご飯の間にドライカレーを挟むことをおすすめします。

ドライカレーはサンドイッチにしたり、オムレツの具にしたり、さらには麺類との相性も抜群と、各種アレンジもきく大変な優等生です。

難しい調味料もいらない、煮込む必要もなし、料理が不得手な人にもやさしいレシピ。みなさまの「絶対失敗しない十八番料理」に、ぜひ加えてください。

書いた人:椿あきら

猫の下僕をしているライターです。猫と暮らすようになってから、断然家飲み派になりました Twitter:@nananatsubaki

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【ひもの漫画】牛肉を燻製にして最高の自家製ビーフジャーキーをつくる!『干物道(ひものみち)』第5回
時短! 節約! 手間いらず! 超簡単な「ゆで卵」のつくり方と失敗しない早ワザ殻むき
自宅飲み会? それなら葉野菜の上に牛肉ドーン! 男女ともに大満足もてなしサラダ

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP