ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オランダ発「あとくされないフローティングハウス」離婚率の高さは、家の在り方まで変えようとしている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアルハウスはひと味違う。

そのコンセプトは、居住者の「心」が離れるとき、「家」もまた文字通り二つに離れることができるというもの。

「離婚」を前提に設計された
二分割できるハウス

「Prenuptial Housing」と名付けられた、このフローティングハウス。意訳すれば“婚前ハウス”といったところか。

「離婚や別れ際にどれだけ多くの人たちが、財産分与でつらい経験をしているかと思うとゾッとしてきます。住宅ローンや税金問題、子供や両親の問題だってあるんだし」。

右肩上がりで増加傾向にあるオランダの離婚率を前に、アムステルダム在住のクリエイターOmar Kbiri氏は、「Huffington Post」にこう説明。カップル解消の際に“あと腐れなく”別れられる家のアイデアを、地元のデザインスタジオ「Studio OBA」に持ち込んだ。

そして、アムステルダムの運河に適したフローティングハウスができあがった。土台の上に二つの同じサイズのユニットが、ドッキングする形で構成されている。まるで「テトリス」のように各ユニットをはめ込んでいくと、ひとつの家が完成する仕組み。浮力を助ける設計は、カーボンファイバーと木材を用いて軽量性と耐久性を実現させている。

「均等に折半」の背景にある
オランダの離婚率の高さ

「法律婚」へのこだわりが低いオランダでは、パックスやユニオン・リーブルのように、いわゆる事実婚のカップル(同性も含む)が多い。

とくに1998年より「登録パートナー制度」が導入され、既婚者と同等の法的権利が認められるようになってからは、その数が飛躍的に伸びているという。つまり、一概に離婚率だけでは測れない、カップルの“別れ”がそこにはあるようだ。

「財産分与」もきっちり折半。そこにシビアになることも、こうした背景を考えてみればごく自然のことなのかもしれない。それにしたって、別れることを前提にした家に暮らすって……。いつか、アムステルダムの運河で分離した家の住人同士がまた出会い、カップルとなってドッキングする。できれば、そんな明るい未来の方を想像したくなる。

Licensed material used with permission by Omar Kbiri

関連記事リンク(外部サイト)

半自給自足できる「アーバンなエコビレッジ」が、アムステルダム近郊に建設開始!
通勤・通学時間をちょっぴりワクワクさせてくれる、電車内に登場した「ワニのステッカー」
お酒を一緒に楽しむカップルは長続きする(研究結果)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP