ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つたないおしゃべりでパパに伝えてくれたんだね。わが子の思いやりに涙した日

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初めての育児は、なにが正解かわかりません。

そんな不安に押しつぶされてしまいそうな、つらい毎日を過ごしていた私。

愚図って泣き止まない赤ちゃん。

育児本に書いてある通りにしても、周りの人からのアドバイスを取り入れても、何をしてもうまくいかないときも多く、「私って母親失格なのかもしれないな…」と落ち込む日々。

子どもが寝た後に、周りに気づかれないように泣いたこともありました。

育児放棄が頭の中をよぎったことも。

主人に相談しても一言、「そんなに深く考えなくてもいいんじゃない?」とだけ。

もちろん、深く考えても何も解決しないことくらい、自分でもわかっています。

でも、「子どもを守らないと!」とか、「しっかり育ててあげなくちゃ!」という我が子への責任感。

そして、「なんでわかってくれないんだろう?なんでそんなに楽観的なの?」と、主人に対する怒りも沸き起こる始末。

子どももまだ小さいため、意思の疎通がうまくいかない事やコール&レスポンスがない事は、頭では当たり前だとわかりきってはいました。

でも、精神的にはストレスを感じていたようです。

私が社会人になって一人で生活をしていた時は、子どもと接する機会なんて皆無と言っていいほど。

大人だと当たり前にできる事が、出来ない子どもに対して感じるもどかしさ。

「どうしてできないの?」という言葉が、浮かんでくるのです。 関連記事:[はるな檸檬さんインタビュー 前編]思い出すだけで涙…妊娠や出産がこんなに大変だなんて誰も教えてくれなかった!

そんな子どもも成長するにしたがって、少しずつですが意思を表すように。

好きな食べ物や、見たいテレビ番組を必死に私にアピール。

反対に、嫌な食べ物、眠い時、おむつ交換など、自分が嫌な物には、この世の終わりか!というくらい泣いて叫んで抵抗します。

これはこれで違う悩みかもしれません。

でも、以前のような「これでいいのかな…?」というような戸惑いや悩みは減り、少しながら余裕が感じられるように。

すると、私も子どもと一緒に笑う事が増えてきました。

わが子は比較的言葉を話すのが早かったみたいで、2歳前には簡単な言葉のキャッチボールが出来ていました。

2語文と呼ばれる「デンシャ、キタ」のような言葉も話せるようになった、ある日のこと。

主人と些細な事で喧嘩をしてしまい、子どもがその光景を目の当たりに。

その後、駄目だとわかっていながらも、泣いた顔で子どもに接してしまいました。

そんな私の表情に戸惑いながらも、特に何事もなかったかのような態度のわが子。

その夜、主人と子どもがお風呂に入り、出てきた時に急に主人に謝られました。

「何で?」と頭の中にはたくさんのクエスチョンマーク。

よくよく話を聞いてみると、「カァチャン、エーンエーン。」と子どもが何度も主人に向かって言ってきたそうです。

主人は私が泣いたことを知らなかったので、子どもの言葉ではっとしたと言っていました。

まだ小さな子どもが私を心配してくれていたことを知って、感情面の成長や思いやりに、また涙。

子どもに心配をかけるのは良くないけれど、優しい子に育ってくれているのが分かって、本当に幸せな気持ちになりました。

初めての育児、正解が見えなくて困っているお母さんはたくさんいると思います。

私もその一人。

ただ、子どものために一生懸命に愛情を注いでいる姿を、子どもは絶対見てくれています。

言葉に伝えることができなくても、わかってくれているはずです。

育児のゴールまでには、まだまだこれから先の長い闘いですが、一緒に頑張りましょう! 関連記事:泣いてるママに向かって「大丈夫、ここにいるよ」。赤ちゃんの頃の声かけをしっかり覚えていたんだね

著者:choco

年齢:36歳

子どもの年齢:2歳

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

プラスチック臭!で、フライ返しが、トロォ…ムスコの悪行にかまけて台所を離れた結果 by いそめしちかこ
女の子だから育てるのがラク?三姉妹の母が思う、女の子育児のいい面&わるい面 byさとえみ
毎日がヒヤリハット。子供を抱っこしたまま転倒!つきっきりでいても危険なことばかり

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。