体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

江戸時代から続く駄菓子屋さん「上川口屋」で子ども時代にタイムスリップ!

f:id:uralatokyo:20160602131149j:plain

東京には江戸時代から続く駄菓子屋さんがあるらしい……という情報をキャッチしたメシ通レポーターの森 佳奈子です。

明治や大正でも古い感じがするのに、まさかの江戸時代!? そもそも江戸時代から駄菓子ってあったの? これはぜひ、この目で確かめたい、ということで行って参りました鬼子母神へ!

f:id:uralatokyo:20160530154742j:plain

……え?

いやいや、行先を間違えてはいませんよ! なんとその駄菓子屋さんは鬼子母人堂の境内にあるんです!

f:id:uralatokyo:20160530155052j:plain

境内に入ってすぐに樹齢約700年と言われる、大いちょうの木に目を奪われます。方々に勢いよく伸びた枝からは豊かに葉が生い茂っています。これは紅葉の時期は格別だろうなあ……。

この大いちょうだけではなく、境内にはたくさんの木々が植えられ、木々の間を抜ける風が涼しくて心地よいです。なんだかほっと一息つける空間なんです。

この日は梅雨入り前だというのに、夏のように暑かったのですが、境内は木陰が涼しくて、ちょっとしたオアシスのようになっていました。

f:id:uralatokyo:20160530155112j:plain

そして大いちょうのすぐ隣には……なんとも味わいのある建物が! こちらが今回ご紹介する「上川口屋」。 ここだけ、まるで時が止まったかのような……ノスタルジックな佇まいに感動。

f:id:uralatokyo:20160530155135j:plain

店主の内山雅代さんによると、なんと今から実に235年前から「上川口屋」はここでお店を開いていたとのこと。看板にも堂々と「創業1781年」と記載されています。1781年というと、フランス革命や天明の大飢饉が起きる少し前のころだそうです。

す、すごい……フランス革命なんて、はるか昔の話という感じですが、そのころからここでお店を開かれていたのですね!

「上川口屋」が江戸時代から続いていることを示すものもちゃんとまだ残っています。当時、大名もこちらのお店で買い物をすることがあったそうで、お店は大名に失礼がないように接客できる構造になっているのです。

例えば、屋根の下の軒の手前に天井の部分があるんですが、これは、雨が降ったときに大名が濡れずに買い物ができるようにとの配慮。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。