体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南インドを「たった一枚の皿」で堪能しよう / インド特有のミールス料理を食べよう!

0 のコピー

南インドの多くの食堂で見かける「meals」(ミールス)。バナナの皮を敷いた上に並ぶ、丸い小鉢に入っているのは複数種のカレーと、つけあわせです。一皿でいろんな味を自分好みの味で楽しめる、現地人も大好きなミールスとは、一体どんなものなのでしょうか?

・インドカレーと日本カレーの違いは?
今さら言うまでもありませんが、カレーは日本の国民食。でもそのイメージのままに本場・インドでカレーを前にすると、その違いに驚くはず。最たる違いは、なんといっても“ルゥ”です。ルゥに小麦粉を使うか使わないか。まずここから異なります。

日本カレーは、小麦粉を使用してルゥにとろみをつけるのが一般的。一方インドは地域によって異なり、コクのある濃厚なカレーが主流の北部では、玉ねぎを炒めたり、ダールと呼ばれるひよこ豆のピューレ、ココナッツミルクなどでとろっとした感じを出します。

japancurry notrh_curry

南部では、とろみをつける素材をそもそも加えません。カレーに使用するのは具材とスパイスのみ。じっくり炒めてからヨーグルトやココナッツミルクなどで煮込んだカレーは、さらりとした舌ざわり。またスパイスをストレートに感じられる味が特徴です。

カレーに合わせる炭水化物にも、違いが見られます。米が主流なのは日本とインド南部で共通していますが、南部で食べられる米は粘り気がすくなく、パラッとしたインディカ米。これらに複数種のカレーをまぜたルゥをつけて、右手の3本指(親指、人差し指、中指の第2間接)ですくって食べる。それが南インドのカレーの食べ方です。

0

・いざ実食! いろいろあるけど?
食堂で食べられる定食、ミールス。現地人の多くはお昼時にミールスを食べるのだとか。多くの店ではカレーのおかわり自由ですが、地域や店にもよるので、店員さんに確認しておくと安心ですね。

さて! ウンチクはさておき、いただきましょう……と言いたいところですが、小鉢を見るだけではルゥなのか? そもそもカレーなのか? 正直よく分かりません。なかでもカレーか判別しにくい小鉢をみていきましょう。

サンバル

・日本人にとっての味噌汁? 「サンバル」
きわめてサラリとしたスープのようなこちらはふんだんにスパイスを使用したカレーです。中にはオクラやナスなど、旬の野菜がたっぷりと豆が入っています。

ミールスにかぎらず、「ドーサ」(インド版クレープ)などの一品料理にも添えられる「サンバル」は、レモンやタマリンド(タイ料理にもおなじみ。甘夏のような果物)で酸味を加えて仕上げています。

パチャディ
1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会