体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏休みも楽しく学ぼう…おすすめ自由研究はこれだ!

夏休みも楽しく学ぼう…おすすめ自由研究はこれだ!

夏休みの宿題の定番・自由研究。「毎年テーマを見つけるのに苦労した思い出がある」という方も多いのではないでしょうか。生活や勉強の中から見つけた「なぜ?」や「不思議」に取り組んでみるのが自由研究テーマ選びの定番ですが、なかなかよいテーマを見つけるのは難しいもの。けれどそんな時こそ、普段目を向ける時間の少ない教科である理科や社会、図工にお子さまの興味を向ける機会と考えてみてはいかがでしょうか。

ここでは、その3科目の代表的なテーマ例をはじめ、大人も一緒に楽しめるテーマや、長いお休みを利用してじっくり取り組める自由研究の例をご紹介していきます。

【1】好きな教科から選んでみよう…おすすめ自由研究の見つけ方

自由研究テーマを選ぶにあたり、特に候補になりそうな科目は「理科」「社会」「図工」の3科目です。具体的には次のようなテーマがあります。

「理科系か文科系か」「アウトドア派かインドア派か」「短期間で終わらせたいのかじっくり取り組みたいのか」など、お子さまの性格やタイプによって、最適なテーマを選んでみてくださいね。

理科(小学生・中学生)

・小学生向け:塩の結晶を取り出してみよう

濃い食塩水から塩の結晶を取り出してみましょう。数時間ごとに観察して記録にまとめる必要があるので、じっくり取り組みたいお子さまに向いています。日向と日陰の違いを調べたり、結晶をスケッチしたりもしてみましょう。

<用意するもの>

食塩・コップ・水・おわん(中が黒いもの)・ルーペ・スケッチブック

<方法>

1.コップに水を入れ、溶けなくなるまで食塩を溶かす(この時の水と食塩の量は記録しておく)

2.おわんに食塩水を移し、しばらく置いておくと食塩の結晶ができるので、数時間ごとに観察して、結晶の大きさを記録する

3.置いた場所(温度・湿度・日当たりなど)による違いを観察する

・中学生向け:野菜のDNAを取り出してみよう

生物に興味のあるお子さまなら楽しくできる実験です。洗剤は除菌効果のあるものではないほうがうまくいきやすいです。またDNAは非常に壊れやすいので、扱いには注意してください。

<用意するもの>

水・中性洗剤・食塩・ブロッコリーやタマネギなどの野菜数種類・エタノール(薬局で売られているものでOK)・すり鉢とすりこぎ・計量カップ・計量スプーン・茶こし・透明なカップ数個

<方法>

1.200mlの水に食塩小さじ1.5杯・洗剤小さじ1杯を入れ、水を加えてかき混ぜる

2.ブロッコリーをすり鉢とすりこぎで潰してカップに移し、1.を大さじ2杯加え、1度軽くかき混ぜ、5~30分放置する

3.2.を茶こしでこし、抽出液をプラカップに取る

4.別のカップにエタノールを3.の約3倍量用意し、割り箸をつたわらせながら静かに3.に注ぎ、抽出液の上にエタノールの透明な層を作る

5.放置すると、DNAの白い沈殿が浮かび上がってくるので、割り箸などで静かに取り出して観察する

社会(小学生・中学生)

・小学生向け:テレビ番組制作の裏側を体験しよう

例えば、東京渋谷にある「NHKスタジオパーク」は、テレビの番組作りの仕組みを学べるテーマパークです。ニュースキャスターやリポーターになりきってニュース制作を疑似体験したり、映像素材と音楽素材、キャラクターを自由に使ってオリジナル映像が作れたりと、写真やカメラに興味があるお子さまにぴったりです。

・中学生向け:海外の姉妹都市との関係性を調べよう

海外に興味があるお子さまにおすすめです。住んでいる市町村と関係を結んでいる都市(姉妹都市など)について、地形や気候・言語・産業・歴史など、さまざまな側面から調査してまとめてみましょう。住んでいる市町村との共通点や相違点に注目すると、おもしろい研究になります。可能であれば、実際にその国や都市の人に会ってみるといいですね。

図工(小学生・中学生)

・小学生向け:牛乳パックからハガキを作ってみよう

身近な道具を使ってリサイクルを体験できる自由研究の定番です。紙が完成したらハガキの大きさにカットし、実際に切手を貼って郵便に出してみましょう。ミキサーの段階でタマネギの皮や紅茶の葉を混ぜることで、色つきのものも作れます。

1 2 3次のページ
スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。