ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人気! 片手で食べられるおすすめガレット3品

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「7-ELEVEN GOURMET-3」。8月17日(水)のオンエアは、新感覚の巻いて食べるガレット「ラップ・ガレット」をピックアップしました!

ガレットとは、フランス発祥のそば粉で作られる郷土料理。小麦粉で作るクレープのルーツにもなっています。

2年前にはガレット専門店「ガレット・スタンド」が恵比寿にオープンしましたが、昨年、より多くの人がこのガレットを気軽に食べられるようにと、片手で食べられる「ラップ・ガレット」を考案。同店の高橋新樹さんによると、「片手で手軽に食べられるようにしてからは、女性だけでなく、若い男性にも広がりを見せています」と好評! お店の入り口横に大きな窓があり、そこで注文をすると、目の前で「ラップ・ガレット」を作ってくれるというスタイルになっています。

ガレットに馴染みがない人も多いと思いますが、「日本では古くからそばがファーストフードとして親しまれてきました。そば粉でできたガレットを、日本の新しいそばの食べ方の一つとして楽しんでいただければ」と高橋さん。

お店では、そば粉を自家製粉するこだわりよう。使用している自然派農法で作られた長野県産「そばの実」は、風味が違います。しかも、ガレットはそば粉100%で作られているので、グルテンフリーというのもうれしいところです。そこで、高橋さんにおすすめのラップ・ガレットを紹介していただきました。

【コンプレット】
フランスでも定番の組み合わせ「コンプレット」。卵とハムとグリュイエールチーズを使い、出来立て、温かいままで提供されます。トマト、チーズ、ほうれん草、ラタテュイユ、マッシュポテトなどのトッピングも充実していて、自分好みにカスタマイズできます。

「卵もハムもグリュイエールチーズも一緒に食べるため、口の中でコンプリートされます」と岡田もお気に入りでした!

【鶏ささみのラップ・ガレット】
ヘルシーな鶏ささみをベースに、サニーレタスや紫キャベツなど葉物の野菜がたっぷり。アクセントとして自家製キャロット・ラペ入り。さらにカレーマスタード・マヨネーズ・ソースという、ピリ辛で香ばしいカレーソースを使っています。食べごたえ抜群ですが、カロリーは控えめです。

「野菜がシャキシャキしていて、カレー風味のキャロット・ラペもエスニック風味で、良いアクセントになっています」(岡田)

【季節のガレット キウイとマンゴーのガレット】
マンゴーとキウイのコンフィに、ココナッツアイスをのせたフレーバー。酸味と甘みが絶妙なバランスとなっています。塩気のあるガレット生地が、より甘さを引き立てる一品。

こだわりが詰まったこれらのガレット、ぜひ一度、恵比寿で体験してみてくださいね♪

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP