ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlackBerry DTEK50はMicro SDカードの本体メモリ化に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BlackBerry の新型 Android スマートフォン「DTEK50」が Micro SD カードの本体メモリ化に対応していることを実機で確認しました。Android 6.0 以上には標準機能として Micro SD カードと内臓ストレージを仮想的に結合することができます。結合するとアプリや画像・動画が優先的に Micro SD カードに保存されます。本体メモリ化は多くの端末で最初から切られている中、DTEK50 では生きていたということです。DTEK50 で Micro SD カードを内蔵ストレージと統合するには、メモリカードのフォーマットメニューで「内蔵ストレージとして使用を選択してフォーマットを実行します。しかし、他の対応端末と同様に、低速な Micro SD カードの場合には、性能劣化の警告メッセージが表示されます。実際にも、使用する Micro SD カードによっては端末の性能が悪くなります。本体メモリ化を行う場合は高速な Micro SD カードを使用することを強くおすすめします。

■関連記事
Google、ビデオ通話アプリ「Duo」の公式サイトをオープン
Nexus “Marilin”のAntutuによるスペック情報が流出
Galaxy Note 7が台湾で早速発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP