体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宮崎県の超ローカル柑橘「へべす」が、ナゼか東京・吉祥寺で大流行している!

f:id:Meshi2_Writer:20160802122256j:plain

「かぼす」「すだち」とも違う柑橘

こんにちわ。メシ通レポーターの塩月です。

皆さん、「へべす」って知っていますか?

宮崎県北部の街、日向市特産の香酸柑橘で、レモンやゆず、かぼす、すだちの仲間です。初夏から秋にかけてが収穫期で、ちょうど8月から露地ものが出回り始めます。

f:id:Meshi2_IB:20160804213908j:plain

▲これが露地ものの「へべす」です。

私、宮崎県出身ですが、「へべす」といえば、日向市の平兵衛さんが木を見つけたとかなんとかで、県内でもさらにローカルなイメージのある食材です。

f:id:Meshi2_IB:20160810125747j:plain

▲見てのとおり「すだち」や「かぼす」とも似て非なる柑橘なのです(写真提供:日向市消費拡大プロジェクト)

JA日向からは「酢ミカン」という摩訶不思議な別名でも呼ばれるこの「へべす」、なんと東京の住みたい街ランキングで常にトップを争う、あの吉祥寺で流行っているというのです!

メニューには本当に「へべす」の名が

宮崎県のローカル柑橘が、あの吉祥寺で……!?

信じられません。さっそく調査に行って参りました。

f:id:Meshi2_Writer:20160802122323j:plain

うかがったのは、JR吉祥寺駅から徒歩5分圏内にある鴨料理店「藁ウ鴨ニハ福来ル」

店内に入りメニューを見ると、ありました!

「へべすサワー」(500円)に「へべすハイボール」(550円)!

f:id:Meshi2_IB:20160810102753j:plain

何食わぬ顔でサワーの王者「生レモンサワー」をしのぐ位置に書かれているではありませんか。

え、そんなに厚遇されてるの? 正直、宮崎県の繁華街でもそんなに特別扱いされていなかったような気がするんだけど……。

遠い記憶をたどりつつ、店内を見渡すと、常連さんらしき男女3人が「私、へべすー」と慣れた様子で頼んでいるではありませんか。

なぜに宮崎からはるか遠く離れた吉祥寺で、「へべす」が市民権を得ているのか!?

「それは私たちが持ち込んだからです!」

理由を聞かせてくださったのは、吉祥寺の「へべす」ブームの仕掛け人、松江勇武さん(写真右)と松木雄一さんです。

f:id:Meshi2_Writer:20160802122418j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。