ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エルヴィス・プレスリー、39回目の命日に数千人がキャンドル・ビジル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 エルヴィス・プレスリーの39回目の命日に数千人のファンが米テネシー州メンフィスにあるグレイスランドに集まり、キャンドルを灯しながら祈りをささげた。

 当日は土砂降りの雨にもかかわらず、世界中から集まったプレスリーのファンたちがキャンドルを手にプレスリーの墓地の周りをゆっくりと歩いた。

 ロックンロールの創始者の一人であるプレスリーは、1977年8月16日にメンフィスで亡くなった。それ以来、現在は博物館となっている彼の元自宅敷地内に建てられた墓には熱狂的なファンたちが墓参に訪れている。

 8月15日夜の祈りは、エルヴィスの生涯と歌手生活を祝して毎年行われる“エルヴィス・ウィーク”を締めくくるものだ。またこの日、グレイスランド邸の向かい側に建設している20万平方フィート(約19,000平米)の新たな総合娯楽施設についても発表された。

 なお、近くでは“Black Lives Matter(黒人の命だって大切)”支持者による抗議運動も行われていたため、警官の姿が目立っていた。

関連記事リンク(外部サイト)

エルヴィス・プレスリー資産管理団体がラスベガスのカジノを告訴
“エルヴィス・プレスリー”ブランドの拡大計画が明らかに
エルヴィス・プレスリーの知的財産権が売却。グレイスランド拡張か

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。