ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DNCEが2週目の洋楽チャートNo.1に、ノラ・ジョーンズの新曲がTOP5圏内に初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本の夏を盛り上げるパーティー・アンセム、DNCEの「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」が、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”にて2週目の1位をマークした。

 今週も2位に留まったメジャー・レイザー「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」に大きなリードをとり、1位となった「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」は、先週に続き、エアプレイ・チャートでの1位、また好調なデジタル・セールスに後押しされて首位をキープすることとなった。

 惜しくも2位の「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」は、デジタル・セールスとリリック・ビデオの再生回数を中心にバランスよく推移しているものの、首位マークまであと一息というところ。とはいえ、先週末開催のジャスティン・ビーバーの来日公演にて披露されたこともあり、来週はさらにポイントを積み上げることが期待される。なお、ジャスティンは来日とともに、「ソーリー」が4位、「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」が8位といずれもランクアップしており、16位に初登場したDJスネイクの「レット・ミー・ラヴ・ユー feat.ジャスティン・ビーバー」にもフィーチャーされている。

 3位には、今週末来日を控えるヘイリー・スタインフェルドの「ラヴ・マイセルフ」がエントリー。日本デビューEPのリリースを目前に控え、エアプレイ・チャートで急上昇しており、来週はさらにランクを上げてきそうだ。5位には、ノラ・ジョーンズの新曲「キャリー・オン」がランクイン。10月発売の新作『デイ・ブレイクス』からの1stシングルで、ジャズに回帰した癒しのサウンドがラジオでパワープレイされ、今週エアプレイ・チャートでは7位となっている。

 そして、今週末【SUMMER SONIC】へ出演するチャーリー・プースの「ウィ・ドント・トーク・エニモア feat.セレーナ・ゴメス」は18位に初登場。元恋人の2人をその後を描いた切ないミュージック・ビデオも話題となった同曲だが、来日効果をうけて今後のチャート・アクションも気になるところだ。
 
◎【Hot Overseas】トップ10
1位「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」DNCE
2位「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」メジャー・レイザー
3位「ラヴ・マイセルフ」ヘイリー・スタインフェルド
4位「ソーリー」ジャスティン・ビーバー
5位「キャリー・オン」ノラ・ジョーンズ
6位「ドント・レット・ミー・ダウン feat.ダヤ」チェインスモーカーズ
7位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」ジャスティン・ティンバーレイク
8位「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」ジャスティン・ビーバー
9位「ハッピー」ファレル・ウィリアムス
10位「コール・ミー・メイビー」カーリー・レイ・ジェプセン

関連記事リンク(外部サイト)

8月22日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
欅坂46「世界には愛しかない」、37.5万枚を売上げ総合首位、SMAP2曲チャート・イン
西野カナ『Just LOVE』2度目の連覇達成!ジャスティン・ビーバーがトップ10に返り咲き

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP