ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年で最も稼いだDJとその金額は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カルヴィン・ハリスが2016年度の最も稼いだDJであることが分かった。これで4年連続トップの座をキープした形だ。

 フォーブス誌によるダンス・ミュージック・アイコン高所得者リストの頂点に立ったカルヴィン・ハリスは、昨年税込所得が6,300万ドル(約63億円)だったという。ハリスはラスベガスでの単独公演が1回につき40万ドル(約4,000万円)で、そこに他の公演やソングライターとしての収入、自身の作品からの収入が加わるのだ。2015年の収入より300万ドル(約3億円)少なかったものの、2位を大きく上回る結果となっている。

 ハリスに続くのは、3,800万ドル(約38億円)のティエストだ。100回以上のギグをこなし、ドリンクブランド“7Up(セブンアップ)”との契約ではおよそ7桁の報酬を得ているとの噂もある。3位は依然として力のあるデヴィッド・ゲッタで2,800万ドル(約28億円)だ。サッカー大会【ユーロ 2016】テーマ曲での収入と、ウィン・ラスベガスでのレジデンシー公演の収入が大きな割合を占めている。

 なお、この後に続くのは、ゼッド、スティーヴ・アオキ、ディプロ、スクリレックス、カスケイドなどだ。

◎フォーブス:World’s Highest-Paid DJs: Electronic Cash Kings 2016
http://www.forbes.com/sites/zackomalleygreenburg/2016/08/16/worlds-highest-paid-djs-electronic-cash-kings-2016/#745a314855ec

関連記事リンク(外部サイト)

およそ130億円稼いだアデル、英国で最も裕福な女性ミュージシャンに
今年最も稼いだDJ番付発表! 1位はジェイ・Zをも越える68億円
一年間で最も稼いだ米“アイドル”はあの人

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP