ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

微生物の追いかけっこで再現された顕微鏡サイズのリアル『パックマン』がスゴい!【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ノルウェーの科学者が、微生物を使って80年代のビデオゲーム『パックマン』を作り上げた。

https://www.youtube.com/watch?v=TVxNvWCTbYo

このリアル『パックマン』では、多細胞の繊毛虫と単細胞のユーグレナ(ミドリムシ)による追いかけっこが繰り広げられる。

栄養液で満たされた迷路はまさにパックマンのステージそのものだが、サイズは非常に小さい。

迷路の直径は1ミリメートルにも満たず、全体がペトリ皿に収まるほどだ。

これは、捕食者と被食者である微生物の生態パターンを研究するため、ノルウェー東南大学の科学者たちによって製作された。彼らが『パックマン』を製作したのは、自分たちの仕事を一般に分かりやすく伝えるためだ。

ちなみに、シミュレーションの結果、捕食者、つまりパックマンである有機体は迷路に入れられると、非常に注意深い動きになったとのこと。しかし、日が経つにつれて動きが素早くなっていったことから、有機体が自ら残した化学的痕跡を目印として使っていることが分かったそうだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/
■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

【リオ五輪】中国代表の女子水泳選手がアツい! ユニークなキャラで人気の対象的な美女2人が話題に
ドラマ『そして、誰もいなくなった』が視聴者に与える本当の恐怖とは
月9ドラマ『好きな人がいること』の四十路おっさん的楽しみ方・・・あえてイケメン三兄弟に注目!
小グマが滝から落ちた!それを見ていた母グマのたくましい姿が話題に【動画】
【リオ五輪】可愛すぎると話題のオーストラリアのハードル選手、インスタグラムに投稿したある写真が話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP