ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カルティエの高級腕時計を売ろう!人気モデルと買取のコツ

  • ガジェット通信を≫

カルティエといえばジュエリーブランドとして、あえて説明をする必要がないほど、日本での人気が高いハイブランドになります。そんなカルティエは高級腕時計も人気で、宝石が散りばめられたデザインの腕時計から、シンプルな美しさを備えた腕時計まで、カルティエ好きの心をつかむアイテムが揃っています。そんなカルティエの腕時計の人気モデルと買取のコツについて紹介します。

カルティエの腕時計の歴史と評価

カルティエの歴史は1873年に始まります。当時流行だったアールヌーヴォー・スタイルの宝飾品に対して、カルティエはアールデコ・スタイルの先駆者として、宝飾品の世界に新しい流れを生み出しました。

カルティエは宝飾品だけの世界にとどまらず、他の宝石商がそうだったように、腕時計の世界にも興味を示し、そして実際に腕時計の生産を始めました。

カルティエの腕時計が他の宝石商の腕時計と違うのは、宝石で飾らなくても美しい腕時計であることを目指したことにあります。宝石があって美しいのは当たり前。そうではなく純粋に腕時計そのものが宝飾品になる。そんな腕時計を目指してデザインされています。

実際に現在発売されているモデルも宝石のないものが多く、その圧倒的な美しさに魅了される人たちが数多くいる腕時計ブランドになっています。

純粋に時計としての評価は可もなく不可もなしという評価で、どちらかというと無理をさせることができない腕時計となっています。デザイン重視のカルティエの腕時計をしてダイビングはできませんし、南極で動き続けることも難しいかと思います。

ただ、カルティエの腕時計を使用する人が、カルティエをつけてダイビングもしませんし(ダイバーモデルもありますが)、地球上の局地に行くこともありません。日常のエレガントさを演出するための道具として、カルティエの存在意義がありますので、カルティエの腕時計は「見た目」重視のアイテムになります。

カルティエの人気モデルと買取相場

それではカルティエの人気モデルとその買取相場についてチェックしていきましょう。相場は常に変化していますので、参考程度に見てください。

カリブル ドゥ カルティエ ダイバー

新品販売価格:648,000円〜
買取上限価格:550,000円
(※2016/08/17時点)

カルティエでダイビングする人はあまりいないと紹介しましたが、実はカルティエの腕時計で売れ筋なのが2014年から発売された「カリブル ドゥ カルティエ ダイバー」ダイバーモデルの腕時計です。

ダイバーモデルでありながらも、その美しさは変わることなく、男性らしさを引き立てることができる腕時計として、世界中の男性から注目されている腕時計です。

タンク フランセーズ SM

新品販売価格:328,000円〜
買取上限価格:200,000円
(※2016/08/17時点)

腕時計でありながら、時計というよりもブレスレットに近い存在として人気が高いのが「タンク フランセーズ SM」です。価格帯も手頃ですので、初めてのカルティエの腕時計としても人気の高いモデルになります。

ミス パシャ

新品販売価格:300,000円〜
買取上限価格:150,000円
(※2016/08/17時点)

カルティエの腕時計の中でも若者向けのモデルになります。もちろん長く使うこともできる腕時計ですので、カルティエの入門として購入した結果、何十年も使い続ける人が少なくない、シンプルで美しい腕時計になります。

バロンブルー

新品販売価格:498,000円〜
買取上限価格:400,000円
(※2016/08/17時点)

芸能人に愛用者が多いのが「バロンブルー」です。青い風船という名前のとおり、リュウズにブルーサファイアを使用した、エレガントなモデルになります。ラインナップも多く、買取価格も高くなる傾向にある腕時計のひとつです。

カルティエの腕時計を高く買取してもらうコツ


photo by Guy Sie

カルティエの腕時計は知名度も高く、中古市場も安定していますので、どこで買取してもらっても、それなりの値段がつきます。それでも買取店や買取方法によって数万円の差がでることもありますので、ここでは買取価格が高くなるためのコツを紹介します。

カルティエの腕時計は円安時に買取してもらう

意外だと思うかもしれませんが、カルティエに限らず、海外の高級腕時計の中古相場で、最も金額に影響をあたえるのが為替です。為替取引のように連日のように変動するということはありませんが、少なくとも円安になると新品の価格も値上がりして、その影響を受け中古市場でも値上がりします。

反対に円高になると買取価格は下落しやすくなります。1ドルが80円と120円とでは3割以上も違いますから、買取価格が大きく変わって当然ですよね。そのことを考慮して、カルティエの腕時計の買取は、円安時を狙いましょう。

付属品を全て揃えて買取してもらう

カルティエのような高級腕時計の場合、時計そのものにも価値があるのですが、外箱が揃っていること、保証書があることなどが買取時には重視されます。予備のコマなどももちろん揃っていることで買取価格が高くなります。

付属品が揃っているかどうかで、買取店が再販するときの価格にも影響を与えますので、外箱が可愛いからといって、中身だけ買取してもらうのではなく、外箱も含めて、購入時についてきたものはすべて一緒に買取してもらいましょう。

メンテナンスは必要ですがやり過ぎは不可

カルティエの腕時計は宝飾品のようなものですから、その美しさが買取価格に大きく影響を与えます。理想は傷一つないピカピカの状態です。少しでも高値で買取してもらいたい場合は、汚れやホコリをしっかりと落とす必要があります。

ただし、キレイにした方がいいからといって、コンパウンドなどで磨いたりすることは避けてください。キレイにしたつもりが逆に腕時計を傷つけていることもあります。あくまでも自分で簡単にできる範囲でのメンテナンスにおさえておきましょう。

まとめ

カルティエの腕時計は宝飾品としての価値があるほど美しく、有名人にも愛用者が多いエレガントな腕時計になります。そんな腕時計を少しでも高く買取してもらうときに気をつけるのは、為替レートになります。

カルティエの腕時計を少しでも高く買取してもらうためには、できるだけ円安のタイミングで買取してもらうようにしましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP