体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ダークツーリズム】ナチスにより1日で消されてしまった「オラドゥール村」

生活・趣味

人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もあります。 

そんな人類の悲しみの現場と対峙する旅が「ダークツーリズム」と呼ばれるもの。そこには悲しみや怒り、絶望しかないかもしれません。でも、実際に足を運ぶことに意味があるのではないでしょうか。

今回は、第二次世界大戦末期にナチス親衛隊により、たった1日で消された村、フランスの「オラドゥール=シュル=グラヌ」を紹介します。

【フランス】
オラドゥール=シュル=グラヌ
残された「死の土曜日」

【ダークツーリズム】ナチスにより1日で消されてしまった「オラドゥール村」

Photo by KN/shutterstock.com

1944年6月10日土曜日は、オラドゥール村の時計が止まった日。

この日、フランスのリムーザン地方にある小さな村で、平和な暮らしをしていた約650人に悲劇が起こりました。

以降、村は移転。旧村は当時の姿のまま残されており、あの日に起きた出来事を理解できるようになっているのです。

なぜ、平和な村が
廃墟と化したのか…

第二次世界大戦中の当時、ドイツ占領下に置かれたフランスで勢力を伸ばすナチスでしたが、苦戦を強いられていました。遠く離れたオラドゥール村にとって、それは対岸の火事でしかありませんでした。

しかし突然、6月10日の朝にナチス親衛隊が村へ。「武器や弾薬が隠されていないか建物を調査する」と村人たちに言い渡します。村人たちは指示された通り、男性は数カ所の納屋に、女性と子どもたちは教会に集まりました。

しかし、待ち受けていたのはナチスの銃撃でした。納屋と教会には火が放たれ、逃げようとした者には非情にも機関銃が向けられたのです。その後、村の建物328戸を全焼。村の人口の約99%である642人が犠牲となり、逃げ切れたのはたったの26人。

なぜ、この小さな村が突然襲われたのか。反ナチスのレジスタンスに対する集団報復という定説もありますが、レジスタンスに何の関係もないこの村が狙われたのか、真実はわかっていません。

こんなところも
訪れてみては?

【リモージュ陶器】伝統を感じるクラシックな磁器
オラドゥール=シュル=グラヌへの旅の拠点となるリモージュは、フランス有数の磁器の街。決して安くはありませんが、繊細で華やかなとっておきのひとつを見つけてみては?
【ダークツーリズム】ナチスにより1日で消されてしまった「オラドゥール村」

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会