ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intel、来年にも10nmのARMベースのSoCを量産へ、LGスマートフォンに搭載される見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Intel は 8 月 16 日(現地時間)、米国・サンフランシスコで行われた Intel Developer Forum(IDF)で、モバイル分野でライバルとなる英 ARM より 10nm プロセスの CPU コア IP のライセンス提供を受けて、来年にも LG のスマートフォンに搭載される SoC の量産を開始する計画を明らかにしました。スマートフォンやタブレット向けの Atom SoC から撤退を表明したばかりの Intel にとって、ARM ベースの SoC を開発することは大きな変革が起きたことになります。Intel は ARM から Artisan Physical IP と POP IP のライセンス提供を受けて、10nm プロセスのファウンドリ事業を展開します。ここでは LG から受注したスマートフォン向け SoC の量産を行う予定です。その SoC は来年の LG スマートフォンに搭載されると言われています。LG は昨年末にも Intel と ARM ベースの SoC「Nuclun 2」を開発している伝えられていますが、Nuclun 2 は未だ発表されていません。おそらく、当時の噂で伝えられた SoC は今回発表された Intel の 10nm SoC に変わったものと見られます。Source : theregister

■関連記事
KDDI、8月26日より「ビデオパス」でライブ映像の生配信サービスを開始
Xiaomi、スマートフォンでNFC決済が可能な新サービス「Mi Pay」を発表
スクエニ、キングダムハーツ仕様の汎用スマートフォンケース「KINGDOM HEARTS Unchained χ」を発売へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP