ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パトカーは車種が同じでも中身はまったく別モノ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パトカーは車種が同じでも危険度はまったく違います。同じトヨタ・クラウンというパトカーであっても、交通機動隊と自動警ら隊とでは中身も警察官もまったくの別モノなのです。交通機動隊と自動警ら隊のそれぞれのパトカーの特徴を詳しく見ていきましょう。

交通機動隊のパトカーの主な任務

交通機動隊は警視庁や各都道府県の交通部にある、通称「交機」と呼ばる部署です。白バイ・パトカーを使って主に幹線道路での取締りを行っています。つまり、交通機動隊のパトカーは交通取り締まりが主な任務です。

このため、排気量3,000ccのエンジンを搭載し車体も大きく、自動警ら隊のパトカーよりも足元はしっかりしています。また、散光式赤色灯はルーフに直接のっているのが特徴です。

これは高速走行時に風の影響を受けないため。250馬力オーバーの加速で接近追尾されると、特に夜間は発見が遅れがち。ルームミラーに映る赤色灯の光で気づくなんてこともあるほどです。

警ら隊のパトカーは屋根にハコ

自動警ら隊は警察内部では「自ら隊」などと読ばれます。「交機」が主に車などの違反を取り締まるのに対して、「警ら隊」は街中を巡回し不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務です。

警ら隊のパトカーはトヨタの200系クラウンが大部分を占めていますが、最近はスバルのレガシィがよく見られるようになってきました。交通違反も取り締まることがありますが、凶悪事件が起こるのを未然にふせぐために、キップを切ったあとも車内を捜索したりします。

警ら隊のパトカーは屋根に昇降装置のハコがついておりその上に赤色灯がのっているのが特徴。駐車時にその赤色灯を上に伸ばし、通行する車や人に目立つようにします。交通整理や不審物の捜査を行う警ら隊ならではの装備でしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP