ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安易な格安歯科存在も「大半の歯医者はプライドある」の反論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 これまで『週刊ポスト』では、ジャーナリスト・岩澤倫彦氏による歯科治療のタブーに斬り込むシリーズ記事を度々掲載してきたが、全国の歯科医たちから賛否両論が噴出している。

 そこで今回は、編集部や筆者に意見を寄せた、あるいはネット上で記事の批評を掲載していた歯科医を緊急取材。論争テーマへの率直な意見と、歯科業界の実状を本音で語ってもらった。それによって、見えてきた問題の核心とは──。

 まず今回、本シリーズへの見解を聞いた歯科医を紹介する。

 千葉の西尾元秀氏(ニシオ歯科・院長)は、東京医科歯科大・口腔外科出身の歯科医歴37年のベテランで、浦安市で保険診療主体のクリニックを経営。ブログで本誌連載を「大げさに悪意を持って書かれたもの」と厳しく批判した。

 神奈川の長崎祥吾氏(ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長)は、文系大学を卒業してスーパーの野菜販売を担当した後、歯科医となった経歴の持ち主。「個人的に反論させて頂きたい部分がありますので、取材をして頂けないでしょうか」というメールを筆者に寄せた。

 * * *
 低く抑えられた診療報酬、歯科医の過剰状態という悪条件が重なり、歯科医院の経営は厳しい時代になっている。こうした中で目立つようになってきたのが、「格安」を売りにしたインプラントセンターの存在だ。

 特徴的なのは、インターネットや雑誌、電車内などに派手な広告を打っていること、インプラント手術のみを行なっていることなどが挙げられる。また、個人経営の歯科医院でも、講習会などに参加しただけで専門的な経験を積まずにインプラント手術を行なっている。

 問題なのは、根管治療などで歯を残せる可能性がありながら、インプラント治療に誘導していることだ。筆者は体験レポートとして、格安インプラントセンターを潜入取材した際、若い歯科医からとても軽い調子でインプラントを勧められたが、西尾氏は信じられないという。

「根管治療は歯の神経を取るなりして、神経がダメになったところを綺麗にするという話。根管治療ができる歯なら絶対に抜かない。ノリで歯を抜いちゃうなんて、患者さんが納得しない。実際に困った歯医者はいるが、少ないと思う。大半の歯医者はプライドがあります。

 確かに一部の歯科医には、絶対こいつは儲けを中心にインプラントを考えているんだろう、というのはあります。私は、某インプラント研究所というところに勤務した経験がありますが、そこも相当ひどかった。それでも僕は患者を家族と同じだと思って治療しているから、必要もない抜歯をするなど考えられません」

 一方、長崎氏は講習会に参加しただけでインプラントを行なうことに理解を示した。

「お金がほしい、経験を積みたい、患者を助けてあげたいという気持ちが合わさって、自分の技量を超えるものに手を出してしまう歯科医はいると思います。

 それに、どこかで踏み出さないと歯科医として成長しない。大学とか大手のクリニックなら上の先生がついてくれるが、開業して独立すると、誰も教えてくれないし、注意もしてくれません。

 インターネットや電話で他の歯科医に相談したり、本を読んで講習会に行って、自分もできるかもしれないとなれば、難しいことにトライする。だから講習を受けただけでインプラントに挑戦する歯科医を、非難する気にはなれません。私自身は様々なリスク等を考えて、インプラントは止めました」(長崎氏)

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

【関連記事】
80年代のインプラント治療 顔の皮膚を突き破る恐れ
高齢者インプラント 認知症兆候が出たら抜去の決断も
儲けの多いインプラント実施の歯科医 6割でトラブル発生

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP