体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浴衣は着方でこんなに変わる!浴衣を上品に着物風に着こなす3つのポイント

浴衣というと、お祭りや若い女性のイメージもあり、大人の女性たちにとっては、浴衣で街にお出かけするのはちょっと…という悩みをお持ちの方もいらっしゃるようです。そういった場合は、浴衣を「着物風」に着こなすことで、大人の女性でも、浴衣を上品に楽しむことができます。

また、浴衣を「着物風」に着こなすことで、花火大会や夏祭りだけでなく、お食事会や観劇・美術館など、着て行ける場所の範囲が広がります!せっかく購入した浴衣なら、今年は花火大会だけではなく、「着物風」の着こなしで、様々な場所へお出かけしてみませんか?

今回は浴衣を「着物風」に着こなすための、ポイントをご紹介させて頂きます♪

(浴衣の着方・着付けはコチラをご参考に→シンプルで簡単にできる!浴衣の着方・着付け手順をご紹介(動画あり)

 

浴衣の着方を着物風にするポイントとは

3_Fotor_Collage

この2人の浴衣姿、どちらもとっても素敵な着こなしですが、大きく異なるポイントが3つあります。

さて、どこが異なるポイントかわかりますか?

 

着物風に浴衣を着こなすチェックポイント①「衿もと」

チェック

まずは、衿元に注目です。

【左】衿もとからは何も見えず。
【右】衿もとから白いものがチラリ。

右の浴衣姿は、衿元に白い衿が見えます。
浴衣は、通常は素肌(下着着用)の上に着用しますが
浴衣の下に「長襦袢」を着用すると、
浴衣は「夏きもの」として「着物風」に着こなすことができるのです!

 

浴衣を着物風に着るアイテム:長襦袢

長襦袢3

「長襦袢」は、麻や竹などの通気性の良い夏物を選びましょう。

 

浴衣を着物風に着るアイテム:半襦袢

半襦袢

 

また、「半襦袢」といって、ガーゼの肌着に「半衿」が付いているものだと、
袖が筒袖になっていて、浴衣の袖の長さを気にすることなく着られるのでとっても便利です。

次ページ>着物風に浴衣を着こなすチェックポイント②「帯」

趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。