体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『AI人工知能研究者』ってどんな仕事?【気になるカタカナ系職業を突撃取材!】

このコーナーでは憧れるけど謎すぎる、カタカナ文字の職業をご紹介!

今年になって、ニュースなどで見たり聞いたりすることの多くなったAI。今さら、何のことなのか聞けない人も多いと思います!「将棋の羽生さんとAIが対戦した」「将来AIにとって代わられる職業上位◯位」…など、人間が開発したものなのに、私たちを越えるってどういうこと?!というような感覚になっている人も?!でも、それが何なのか、どういう価値があって注目されているのかを知ると、すごーく面白い!

3回目にインタビューさせて頂いたのはAI研究者の松田さん!お話もとっても分かりやすいので文系の高校生でもAIに興味を持つことを期待して…では、インタビューにうつります。

プロフィール

松田雄馬さん:2007年京都大学・同大学院情報学研究科修士課程修了後、東北大学大学院博士課程修了。大手電気メーカー研究所にて、無線通信の研究を通して香港にて現地企業との共同研究に従事。その後、大学と共同で、脳型コンピュータの研究を立ち上げる。教えられたことしかできない不憫なコンピュータに、自分で考えて判断できる機能(AI:人工知能)を与えるべく、日々奮闘中。

尊敬する人:墨子(中国の思想家)

—まず、松田さんの“AI研究者”というお仕事について、高校生が分かるように教えて頂けますか?

AI研究者といっても幅広いのですが、私はロボットの目の研究をしています。

—「ロボットの目を研究する」ってとても未来っぽくて興味が沸きますが、実は全然わからないかも…笑。具体的にはどういうことですか?!」

そうですね、まず、AIの説明から。AIは、Aritificial Interlligenceの略なので、人工知能と訳されますね。ニューラルネットワークという、人間の脳のようなコンピューター(プログラム)をつくると、それが自分で学習するということが分かってきたんです。

—今までのコンピューターと何が違うんですか?

プログラムというのは、「Aという事象が発生したらBせよ」といったパターンの命令を人間がひとつひとつコンピュータに対して書いて教えてあげることを言うのですが、人工知能(AI)は、人間が与えたデータを学習すると、「Aという事象が発生した場合にはBするのが最適だ」という判断を、コンピュータが自ら行うことができるのです。

—スゴイ!!なるほど。AIが何かは何となく輪郭がつかめました。

—ちなみに、新聞やニュースで1日1回くらいAIって聞きますけど、どうしてこんなに注目されているんですか?

囲碁や将棋で人間と対戦するAIが、プロ棋士に勝てるようなレベルに達したことが大きいです。他にも、クイズを解いたり、大学の入試問題を解いたりするAIがニュースになっていますよね。

つまり、囲碁や将棋などを行うAIが人間を越えるレベルの精度や能力を持ったので、「このまま技術が進むと、非常に多くの分野で、人間にできないことができるようになるのではないか」という期待感から、様々なビジネスで注目されているのです。

例えば、レントゲンからガンの発見をするのに、もしかしたらAIがチェックしたほうが精度が高いのではないかということです。医療業界、それから車メーカー、ゲーム業界、あらゆる業界から注目されています。

1 2 3次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。