体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

閉鎖ホテルを利用したサバイバルゲームに参戦!時々霧も発生しミステリアスな雰囲気たっぷり

声優の戦え!ぴっちょりーなさんがバスガイド役をつとめての、新潟旅行と閉鎖ホテルを利用したサバイバルゲームを組み合わせたイベントが開催されるというので行ってきましたよ。 ちなみに、ぴっちょりーなさんは、僕自身がサバゲー場でお見かけした事があるほど筋金入りのサバイバルゲーマー。ビジネスではなく本当に好きで、こうしたイベントも企画・参加しているようです。

今回開催されたバスツアーは、参加費29000円。事前に銀行で振り込みをすませています。これまで関東地方のサバゲーしかレポートできていなかったので楽しみです。

そして、集合場所の流山工業団地駐車場には、いかにもぴっちょりーなさんらしいピンク色の大型バスが到着していました。

【関連:芸能界女子サバゲー部の対抗戦に潜入!吉本女芸人VS声優】

ピンク色のバス

■ど派手なピンク色のバスで一路新潟へ

バスの座席数45人の所をバスツアー参加者数は27人。余裕を持って大型バスを借りたそうです。ピンク色になった事に関しては、特に色指定したわけではないそうですが、道中のサービスエリア、パーキングエリアで多数あるバスの中で目立つ為迷わず乗降でき、大いに助かりました。

誤乗車防止用記念バッジ

集合後は、関越自動車道を一路新潟県へ出発!ツアーでは誤乗車防止の目印とツアー記念に缶バッジが配布された他、ぴっちょりーなさんのオリジナル曲「お休みの歌」が披露されました。
皆さん、楽しんでおられる様子で、すでに車内でパーティー状態でした。この曲はYouTubeでもアップされているそうです。

道中、ぴっちょりーなさんのガイドによると関越自動車道の沿道にもサバゲー場が多数あり、

・Rock254:元々採石場だったフィールド。時々プロのカメラマンによる撮影会も行われる。
・アサルトフロント:長い距離と短い距離で敵と出会い場所があり、ライフル派とハンドガン派両方楽しめるフィールドがある。

他にもコード7、ラッキーストライク等々……

全部挙げたらキリがないほど多数あるようです。
他にも道中、大河ドラマの「真田丸」で有名な上田城観光に行ったり車内で荻野屋の釜飯弁当を食べたりと、二日間の日程のうち一日目は普通の観光を大いに満喫。翌日の閉鎖ホテルとは別のホテルでゆっくり一晩を過ごしました。いやぁ、観光できて美味しいものを食べ、さらに綺麗な景色の中一泊。新潟を満喫できましたぁ~。

が!しかし!!当レポートはあくまでサバゲーレポート!本題に移りましょう。
さて、二日目の朝に現地のサバゲーフィールドICF SVGに到着。

■閉鎖ホテルを利用したサバゲー場

ホテル外観

建物の青い看板には「妙高高原赤倉ニューホテル」と書かれていますが現在は閉鎖。いわゆる廃ホテルというやつです。
それをそのままICF SVGではサバゲーフィールドとして利用しています。
取り壊すにしてもお金はかかりますし、ホテルとしては不自由でもサバイバルゲーム場としては十分立派な施設。あまり手を加える事なく利用できる為、最近では空き施設や建物を壊すまでの短い期間サバイバルゲーム場として活用するビジネスが誕生し、各地の活性に一躍買っています。

さて、今回の建物も廃ホテルとはいっても中はまだまだ綺麗。でも人気がない分、なんだか不思議な空気を漂わせています。まるでゲームの世界に迷い込んだような。
さらには、時々濃い霧も発生するなどいかにも別世界にきたようなミステリアスな顔も見せてくれました。

ホテルロビー
ホテル大浴場
試射場

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。